本文へ移動

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。同意の取消方法を含めたより詳しい情報は、「クッキーポリシー」をご覧ください。※その他個人情報の取扱いについては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシー別ウィンドウで開くをご参照ください。

同意する

東京音楽コンクールTokyo Music Competition

小川 響子

小川 響子の写真

ヴァイオリン
出身:日本、奈良県
第10回東京音楽コンクール(2012)弦楽部門 第1位及び聴衆賞

音楽研鑽歴

5歳よりスズキ・メソードにてヴァイオリンを始める。
スズキ・メソードの夏期講習にて、豊田耕兒氏のマスタークラスを受講。
佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラに参加。
2005年より、京都フランス音楽アカデミーを受講し、アレッサンドロ・モッチア、ジャン=ピエール・ヴァレーズ、レジス・パスキエ、森悠子の各氏に指導を受ける。
2008年より、いしかわミュージックアカデミーを受講し、原田幸一郎、神尾真由子、レジス・パスキエ、クシシトフ・ヴェグジン、オレグ・クリサ、ナムユン・キムの各氏に指導を受ける。
2011年~2012年、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀にて、小澤征爾、原田禎夫、川崎洋介、川本嘉子の各氏に指導を受ける。
2012年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2012のマスタークラスにて、ジェラール・プーレ氏のレッスンを受講。
南仏サン・ジャン・ド・リュズでの国際ラヴェルアカデミーにてヴァイオリンをレジス・パスキエ氏に、室内楽をジャン=フランソワ・エッセール氏及び、ペーテル・チャバ氏に指導を受ける。
現在、東京藝術大学音楽学部在学中。

師事歴

これまでに、塩谷峰子、西和田ゆう、の各氏に師事。現在、漆原朝子、原田幸一郎の各氏に師事。また、室内楽を山崎伸子、大関博明の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦に師事

音楽活動歴

2005年 第59回全日本学生音楽コンクール バイオリン部門中学生の部大阪大会第3位
2006年 第60回全日本学生音楽コンクール バイオリン部門中学生の部大阪大会第1位、全国大会第2位
2011年 いしかわミュージックアカデミーにてIMA奨励賞を受賞
2012年 ザルツブルク=モーツアルト国際室内楽コンクール2012にて奨励賞受賞
京都フランス音楽アカデミーにて優秀生徒による受講生コンサート出演
第10回東京音楽コンクール弦楽部門 第1位および聴衆賞受賞
南仏サン・ジャン・ド・リュズでの国際ラヴェルアカデミーにてボナ美術館賞受賞

その他音楽活動

中之島国際音楽祭、金沢駅でのミニコンサート、美術館での弦楽四重奏のコンサートや地元でのサロンコンサートなど、さまざまな場所で積極的に演奏活動を行っています。

レパートリー

バロックから現代までの作品。無伴奏曲、ヴィルティオーゾピース、ソナタ、コンチェルト。また、ピアノトリオ、弦楽四重奏にも積極的に取り組んでいます。

歴代入賞者一覧に戻る