本文へ移動

東京文化会館についてAbout

施設概要

1961年、開都500年事業として建設

東京文化会館は、「首都東京にオペラやバレエもできる本格的な音楽ホールを」という要望に応え、東京都が開都500年事業として建設し、1961(昭和36)年4月にオープンしました。

奇跡とも言われる音響

以来今日まで、オペラ、バレエ、クラシックコンサートなど、世界中の著名なアーティストによる名演の数々が繰り広げられ、“奇跡的”とも言われる音響の良さと相まって、その名は“Tokyo Bunka Kaikan”として広く世界にまで知られています。

多くの人々に親しまれている「音楽の殿堂」

オペラ、バレエ、オーケストラなどの公演を行う大ホール(2303席)、室内楽やリサイタル等で使用される小ホール(649席)、そのほかリハーサル室や各種会議室、さらに専門の音楽図書館である音楽資料室を備えた当館は、故前川國男氏設計による代表的なモダニズム建築としても知られ、まさに『音楽の殿堂』として多くの人々に親しまれています。

東京文化会館概要

所在地

東京都台東区上野公園5番45号

構造

本館
鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階 地上4階
新リハーサル棟
鉄骨鉄筋コンクリート造 地下2階 地上1階

規模

  敷地面積 建築面積 延床面積
本館   7,459m2 21,234m2
新リハーサル棟   86m2 1,334m2
10,370m2 7,545m2 22,568m2

総工費

本館
16億3千万円
新リハーサル棟
9億6千万円

着工

本館
1959(昭和34)年1月
新リハーサル棟
1983(昭和58)年5月

竣工

本館
1961(昭和36)年3月
新リハーサル棟
1984(昭和59)年11月

建設設計

前川國男建築設計事務所 横山建築構造設計事務所

音響設計

日本放送協会技術研究所

工事管理

東京都記念文化会館建築事務所

工事竣工

清水建設株式会社

東京文化会館指定管理者

公益財団法人東京都歴史文化財団