本文へ移動

施設を借りるVenue Rentals

利用の決定から利用料金の納入まで

利用承認

  • 申込受付終了後、東京文化会館利用選考分科会での選考を経て、利用承認を行います。
  • いずれのホールも、使用申請書を受理した月から4月以内に「使用承認書」を発行します。

利用料金の納入

  • 利用する日の12月前から6月前(利用承認日が12月前を経過している場合には、利用承認日以降6月前)に利用料金の3割を予納金としてお支払いください。
    (1,000円未満切り捨て、端数は残金で精算)
    その後、利用する日の6月前から1月前に残額をお支払いいただきます。
  • 予納金納入後、利用変更等が生じた場合は、予納金額には反映せず、残額で処理させていただきます。
  • お支払いについては、期日までに直接現金をご持参いただくか、当館指定の口座にお振り込みください。
  • 入金の完納確認後、「使用券」及び「領収証書」を発行いたします。
  • お支払いいただいた利用料金については、利用がない場合でも返金できませんので予めご了承ください。

利用変更

利用承認後に、承認された内容に変更が生じた場合は、早急に当館担当者までご連絡いただくとともに、「東京文化会館使用変更申請書」とこの時点でお持ちの「使用承認書」を提出してください。但し、書類の受付はご利用日の2月前までとなります。手続きの後、新たに「使用変更承認書」を発行します。

利用取消

  • 公演の中止に伴い、施設利用を辞退される場合は、早急に当館担当者までご連絡いただくとともに、「東京文化会館使用承認取消申請書」を提出してください。
  • 予納金発生期間中、利用する日の12月前から6月前までに利用取消の申請があった場合は、予納金をお支払いいただきます。また、利用する日の6月前から1月前までに利用取消の申請があった場合は、利用料金の全額(予納金納入済の場合は、残額)をお支払いいただきます。

利用料金納入の流れ

利用月12月前~6月前

主催者
ホール施設利用料金の3割納入

東京文化会館
領収証書の発行

利用月6月前~1月前

主催者
ホール施設利用料金の残額納入

東京文化会館
使用券・領収証書の発行

当日

主催者
付属設備利用料金の納入

東京文化会館
使用券・領収証書の発行