本文へ移動

東京文化会館についてAbout

館長あいさつ

東京文化会館は、昭和36(1961)年の開館以来、半世紀以上にわたり、日本を代表する“音楽の殿堂”として、輝かしい歴史を築いてきました。

そのステージでは、稀代のマエストロがタクトひとつで壮麗な音楽を紡ぎ、世紀のディーヴァが艶やかな歌声で観客を魅了し、歴史に名を刻むダンサーが比類なき身体表現で我々を感嘆させてきました。

舞台芸術は我々の感性を耕し、心を潤わせ、精神に力を与えます。事実、古代から現代に至るまで、人々は様々な形で芸術を創造し、享受し、継承してきました。

我が国が本格的な少子高齢化社会を迎える中、芸術が届けるメッセージ、我々の精神に与える活力は必ずや今後も必要とされるはずです。芸術の力を信じ、それを届ける最前線として、東京文化会館はこれからも“殿堂”であり続けたいと思います。

館長 日枝 久

プロフィール

株式会社フジ・メディア・ホールディングス代表取締役会長/株式会社フジテレビジョン代表取締役会長

昭和12(1937)年12月31日生まれ。早稲田大学教育学部卒業

昭和36年4月 株式会社フジテレビジョン入社
昭和58年6月  同社取締役編成局長
昭和61年6月 同社常務取締役総合開発室担当
昭和63年6月 同社代表取締役社長
平成13年6月 同社代表取締役会長(現任)
平成15年4月 社団法人日本民間放送連盟会長
平成15年7月 フジサンケイグループ代表(現任)
平成20年10月 株式会社フジ・メディア・ホールディングス代表取締役会長(現任)
現在に至る