本文へ移動

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。同意の取消方法を含めたより詳しい情報は、「クッキーポリシー」をご覧ください。※その他個人情報の取扱いについては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシー別ウィンドウで開くをご参照ください。

同意する

東京音楽コンクールTokyo Music Competition

篠原 悠那

篠原 悠那の写真

ヴァイオリン
出身:日本、福井県
第11回東京音楽コンクール(2013)弦楽部門 第2位

音楽研鑽歴

4才よりヴァイオリンを始める。
2002年よりいしかわミュージックアカデミーを受講し、IMA奨励賞受賞。
2005年よりクールシュヴェール国際音楽アカデミー in かさまを受講し、08年音楽賞を受賞。
2009年より桐朋ストリングス・セミナー、桐朋学園大学ギル・シャハム特別公開レッスンを受講。
2011年より霧島国際音楽祭マスタークラスでダニエル・ゲーデ氏らの指導を受け、霧島国際音楽祭賞、堤剛氏より音楽監督賞を受賞。
2011年、東京音楽アカデミーザハール・ブロンマスタークラスを受講。
2012年、MMCJミュージック・マスターズ・コース・ジャパンを受講。
プロジェクトQ第10章にローゼ弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンとして参加し、ギュンター・ピヒラー氏らの指導を受ける。
桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業し、現在 桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コース在学中(特別奨学生)。

師事歴

4才より山下金彌氏、9才より現在まで辰巳明子氏に師事。室内楽を東京クヮルテット、藤井一興、徳永二男、佐々木亮、毛利伯郎、原田幸一郎、岩崎洸、加藤知子、山口裕之、漆原啓子の各氏に師事。

音楽活動歴

2004年 第58回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学校の部 第1位。
2006年 第10回ヴィエニャフスキ国際コンクール(ポーランド)ジュニア部門 第3位。
2009年 第7回レオポルド・モーツァルト国際コンクール(ドイツ) 審査員特別賞受賞。
2011年 第80回日本音楽コンクール 第2位並びに岩谷賞(聴衆賞)受賞。
2012年 第2回ガダニーニコンクール 第1位、1753年製J.B.ガダニーニを貸与される。
2013年 第11回東京音楽コンクール弦楽部門 第2位。
現在 ジャパン・アーツ所属。

その他音楽活動

2003、2012年、テレビ朝日「題名のない音楽会」~未来の大器シリーズ~に出演。室内楽やオーケストラにも意欲的に取り組み、JTが育てるアンサンブルシリーズ、JT期待の音大生によるアフタヌーンコンサートにリュミエールカルテットの第1ヴァイオリンとして出演。別府アルゲリッチ音楽祭や宮崎国際音楽祭のオーケストラメンバーとして参加。
これまでに、オーケストラ・アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、桐朋学園オーケストラ、関西フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団等と共演。2012年度よりヤマハ音楽奨学支援対象者。

レパートリー

バロックから現代までの幅広い作品。協奏曲、ソナタ、ヴィルトオーゾピース、無伴奏曲。ピアノトリオ、弦楽四重奏などの室内楽作品。新曲にも積極的に取り組みます。

歴代入賞者一覧に戻る