本文へ移動

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。同意の取消方法を含めたより詳しい情報は、「クッキーポリシー」をご覧ください。※その他個人情報の取扱いについては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシー別ウィンドウで開くをご参照ください。

同意する

東京音楽コンクールTokyo Music Competition

田原 綾子

田原 綾子の写真

ヴィオラ
出身:日本、神奈川県
第11回東京音楽コンクール(2013)弦楽部門 第1位及び聴衆賞

音楽研鑽歴

2004年、6歳よりチェロを始める。
2011年~、YEKアンサンブルアカデミーを受講、選抜受講生演奏会に出演。
2012年、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室仙川教室に入室。
2013年、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)入学。
2013年~、学校の選択授業等で室内楽を学び、成績優秀者による桐朋学園室内楽演奏会に出演。
2013、14、15年度 桐朋学園大学音楽学部「チェロ・アンサンブル・サイトウ」奨学生。
2015年、ガブリエル・リプキン、ミハル・カニュカの各氏のマスタークラスを受講。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)3年在学中。

その他音楽活動

数々の室内楽演奏会に出演のほか、早稲田大学公開講座や日墺協会主催によるサロンコンサート等に出演。また、弦楽四重奏のみの活動だけではなく、桐朋学園大学と東京芸術大学の学生による弦楽八重奏団を結成。

レパートリー

バロックから現代までの作品。無伴奏からソナタや小品、協奏曲まで。弦楽四重奏を始めとして、様々な編成の室内楽にも積極的に取り組んでいます。

その他のプロフィール

1994年、神奈川県出身。第11回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞を受賞。第9回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位併せて全部門最優秀賞、ルーマニア国立ラジオ局賞を受賞。プロジェクトQ、ヴィオラスペース、韓国教育音楽祭GMMFS、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス、カザルス音楽祭等で研鑽を積む。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」、今井信子氏推薦による大阪ザ・フェニックスホール主催の演奏会、JTが育てるアンサンブルシリーズ、宮崎国際音楽祭、ル・ポン国際音楽祭等の他、多数の室内楽演奏会に出演。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。2015年度宗次エンジェル基金/日本演奏連盟国内奨学生、ロームミュージックファンデーション奨学生。これまでにヴァイオリンを橋本都恵、井上淑子、ヴィオラを鈴木康浩、室内楽を原田幸一郎、毛利伯郎、三上桂子の各氏に、現在岡田伸夫、藤原浜雄の各氏に師事。桐朋学園大学音楽学部3年に在学中。

歴代入賞者一覧に戻る