本文へ移動

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。同意の取消方法を含めたより詳しい情報は、「クッキーポリシー」をご覧ください。※その他個人情報の取扱いについては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシー別ウィンドウで開くをご参照ください。

同意する

東京音楽コンクールTokyo Music Competition

大崎 由貴

大崎 由貴の写真

ピアノ
出身:日本、広島県
第18回東京音楽コンクール(2020)ピアノ部門 第2位〈最高位〉

音楽研鑽歴

2012年3月、国立広島大学附属高等学校卒業。卒業時にアカシア賞受賞
2016年3月、東京藝術大学音楽学部器楽科をアカンサス音楽賞、藝大クラヴィア賞、同声会賞を受賞し卒業
2016年10月、ザルツブルク・モーツァルテウム大学修士課程に首席で入学
2019年11月、 同大学修士課程ピアノソリストコースを満場一致の最高点で首席卒業
2020年、同大学ポストグラデュエート課程に在学中

師事歴

これまでに芹澤佳司、角野裕の各氏に、現在ジャック・ルヴィエ氏に師事。

音楽活動歴

2017年 第5回アルコバッサ国際室内楽コンクール最高位、併せてポルトガル作品ベストパフォーマンス賞(ポルトガル)
褒賞としてアルコバッサ国際音楽祭(ポルトガル)に招待され、ピアノデュオでリサイタルを行う
2019年 ピアニストのイーヴォ・ポゴレリチ氏が審査員長を務める第4回マンハッタン国際音楽コンクールにて特別金賞(アメリカ)
第22回ピエトロ・アルジェント国際音楽コンクール第2位(イタリア)
第15回ヘイスティングス国際ピアノコンチェルトコンクールセミファイナリスト賞、審査員によるマスタークラスを受講(イギリス)
第17回東京音楽コンクールピアノ部門入選
2020年 第18回東京音楽コンクールピアノ部門第2位〈最高位〉

その他音楽活動

これまでに広島、東京、オーストリア、オランダ、ポルトガルの各地でリサイタルを行う。鈴木織衛氏指揮広島交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第1番、角田鋼亮氏指揮東京フィルハーモニー交響楽団とラヴェルのピアノ協奏曲、梅田俊明氏指揮東京フィルハーモニー交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を共演する。
室内楽にも精力的に取り組んでおり、山崎伸子、長谷川陽子、木嶋真優各氏をはじめとする著名な演奏家と共演する。ピアニストの三原未紗子氏とピアノデュオを結成し、2017年より演奏活動を展開している。
読売新人演奏会に出演。2020年イタリアにてリサイタル開催予定。2021年日本ショパン協会パウゼシリーズリサイタル出演予定。
2016年度宗次徳二海外留学支援基金、2019年度野村財団各奨学生。2020年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。

レパートリー

モーツァルト生誕の地、オーストリアのザルツブルクに留学しているので、モーツァルトには特別な思いがあります。バロックから現代まで幅広い作品に触れてきましたが、留学以降、バッハ、ベートーヴェン、シューマンを中心としたドイツ音楽をより多く勉強してきました。修士課程の卒業試験ではシューマンの謝肉祭を取り上げ、CD制作、ブックレット執筆及びリサイタルを行いました。
アンサンブルにも深く興味を持ち、ピアノデュオ、ピアノトリオ、カルテット等を含む様々な編成での室内楽曲を演奏し、レパートリーに持っています。

歴代入賞者一覧に戻る