本文へ移動

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。同意の取消方法を含めたより詳しい情報は、「クッキーポリシー」をご覧ください。※その他個人情報の取扱いについては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシー別ウィンドウで開くをご参照ください。

同意する

東京音楽コンクールTokyo Music Competition

瀧本 麻衣子

瀧本 麻衣子の写真

ヴィオラ
出身:東京都
第10回東京音楽コンクール(2012)弦楽部門 第3位

その他のプロフィール

東京芸術大学附属高校を経て、東京芸大卒業。2009年よりロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生として、シュトュットガルト音楽大学大学院に留学し、アンドラ・ダーツィンスに師事。第10回東京音楽コンクール弦楽器部門第3位(ヴィオラ最高位)、Carl-Windling 室内楽コンクール第3位(ドイツ)。ウイーン国立音大室内楽アカデミーにてArtis-Preis(第1位)を受賞し、ORF(オーストリア放送局)にて受賞者演奏会に出演。松尾財団より第17回音楽助成金を受け、様々なコンサートに出演。
2014年パオロ・ボロチアー二国際弦楽四重奏コンクールにてセミファイナリスト。小澤征爾音楽塾、サイトウキネン・オーケストラ、別府アルゲリッチ音楽祭、小澤国際室内楽アカデミー創立記念コンサートに出演。ヴィオラスペースでは今井信子、G.ノックスなどと共演。ソリストとして、シュトゥットガルト室内楽アンサンブル、新日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。また、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のゲスト首席も務める。これまでにヴィオラを菅沼準二、川本嘉子の各氏に師事。室内楽を原田禎夫、山崎伸子、岡山潔、川崎洋介の各氏に師事。

歴代入賞者一覧に戻る