本文へ移動

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイト(以下「本サイト」といいます)では、お客様の本サイトの利用の向上、アクセス履歴に基づく広告、本サイトの利用状況の把握等の目的で、クッキー、タグ等の技術を使用します。「同意する」ボタンや本サイトをクリックすることで、上記の目的のためにクッキーを使用すること、また、皆様のデータを提携先や委託先と共有することに同意いただいたものとみなします。同意の取消方法を含めたより詳しい情報は、「クッキーポリシー」をご覧ください。※その他個人情報の取扱いについては、東京都歴史文化財団プライバシーポリシー別ウィンドウで開くをご参照ください。

同意する

東京文化会館についてAbout

東京文化会館の取り組み

授業などの一環としてコンサートやワークショップを

アウトリーチ・コンサート

対象保育園・幼稚園・小学校~高等学校

東京文化会館では、東京音楽コンクール入賞者による本格的なクラシック音楽の出張コンサートを行っています。
普段、子供たちが触れる機会の少ない本格的なクラシック音楽を、身近な場所である学校で聴いてもらうことで、豊かな感受性の育成を目指します。質の高い演奏に親しみやすいトークを交え、演奏やミニワークショップに参加しながら音楽を存分に楽しめるプログラムを展開しています。

2019年度実施回数:22校22回(のべ6,086名)

アウトリーチ・ワークショップ① クリニック

対象小学校~高等学校でブラスバンドやオーケストラ、合唱の活動に参加している児童、生徒等

「クリニック」では、部活動等、学校の授業外で行われているブラスバンドやオーケストラなどで音楽活動をしている学生のもとへ新進演奏家たちが出向き、直接、技術指導を行っています。
音楽に関心があり、専門的に楽器を演奏している子供たちに、楽しみながら技術を磨き、プロの奏者と共にコンサートを創り上げていく機会を提供しています。

2019年度実施回数:3校11回(のべ416名)

アウトリーチ・ワークショップ②

対象保育園・幼稚園・小学校~高等学校

「音楽の素晴らしさをもっと気軽に」という思いがこめられているワークショップ。2013年度から開催しているポルトガルのカーザ・ダ・ムジカ*との国際連携企画の中で創作したオリジナルのワークショップを学校の授業の一環として実施します。
音楽をコミュニケーションのツールとした特別な体験ができる機会を通じ、創造性や協調性をはぐくむ参加型の教育プログラムです。

2019年度実施回数:37校81回(のべ2,358名)

特別支援学校プログラム

年齢、能力にかかわらず、自由に自分の感性で楽しむことができる音楽を通して、“生きがい”や“活力”等を得る機会を提供し、舞台芸術への興味・関心を高めます。物理的、精神的バリアフリーを目指し、将来的には子供や高齢者、障害者、外国人など、あらゆる人々が劇場に来場し、ストレスなく芸術文化に触れられることを目指しています。

特別支援学校におけるオーケストラ公演

2019年度実施回数:4校5回(のべ1,131名)

特別支援学校におけるワークショップ

2019年度実施回数:8校16回(のべ846名)

©鈴木穣蔵
©鈴木穣蔵

実施施設の募集時期は年に1回です。

実施に関するお問い合せはこちら

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化会館 事業企画課 事業係
電話:03-3828-2111(代表) FAX:03-3828-1601

*casa da musica

casa da musica画像 東京文化会館とカーザ・ダ・ムジカ(ポルトガル)は2013年より連携を開始し、カーザ・ダ・ムジカのワークショップ・リーダーや講師の当館への派遣、当館ワークショップ・リーダー育成プログラム受講生の現地での研修派遣など、充実したプログラム展開のための協力関係を構築してきました。「カーザ・ダ・ムジカ」、日本語で「音楽の家」を意味するこの施設は2001年にポルトが欧州文化首都に指定されたことを記念し、音楽による創造を目的とした国内初の音楽専門施設として2005年に開館しました。
カーザ・ダ・ムジカは多様な芸術・文化が融合したフェスティバルやコンサートを開催するとともに、ポルトガルで初めて本格的に教育普及事業に取り組みました。“音楽は芸術であると同時に人々の心の豊かさを育むもの”という信念のもと、あらゆる人に豊かな音楽体験をしてもらうことを教育プログラムの使命として掲げ、地域に根差した活動や市民が積極的に携わるプロジェクトを展開しています。