東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
主催公演 主催公演レンダー 共催公演

Music Program TOKYO/Music Festival TOKYO 小曽根 真&ゴンサロ・ルバルカバ“Jazz meets Classic” with 東京都交響楽団

ジャズとクラシックを縦横に駆け巡る小曽根真と、キューバ出身のジャズ・ピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバが共演!
2台ピアノによる協奏曲や、2人によるジャズ・セッションをお届けします。
-
日時
会場   
2016年10月1日(土)17:00開演(16:20開場) 東京文化会館 大ホール
2016年10月2日(日)15:00開演(14:20開場) オリンパスホール八王子アクセス
終了しました
出演    ピアノ:小曽根真
ピアノ:ゴンサロ・ルバルカバ
打楽器:安藤芳広(東京都交響楽団 首席ティンパニ奏者)*
打楽器:小林巨明(東京都交響楽団 打楽器奏者)*
指揮:角田鋼亮*
管弦楽:東京都交響楽団*
*第1部のみ
小曽根 真ゴンサロ・ルバルカバ安藤芳広小林巨明角田鋼亮
曲目    [第1部]
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲 BB76
バルトーク:2台のピアノと打楽器のための協奏曲 BB121
[第2部]
ジャズ・セッション 小曽根真×ゴンサロ・ルバルカバ

10/1曲目
デューク・エリントン:キャラバン
チャーリー・ヘイデン:ファースト・ソング(ゴンサロ・ルバルカバ ソロ)
即興演奏
小曽根真:タイム・スレッド(小曽根真 ソロ)
マイルス・デイヴィス:ソーラー
【アンコール】
ジョゼフ・コズマ:枯葉
セロニアス・モンク:ブルー・モンク
チック・コリア:スペイン

10/2曲目
デューク・エリントン:キャラバン
即興演奏
ハコボ・ルバルカバ:エル・カデッテ(ゴンサロ・ルバルカバ ソロ)
ピアソラ:ローラズ・ドリーム(小曽根真 ソロ)
ジョン・コルトレーン:ジャイアント・ステップス
マイルス・デイヴィス:ソーラー
【アンコール】
ジョゼフ・コズマ:枯葉
オーネット・コールマン:ホエン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ

放送のお知らせ
【小曽根真出演】
J-WAVE「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」
4月23日(土)11:35~11:45
(上記ホームページで放送内容を聴くことができます)
掲載情報
【小曽根真インタビュー】
音脈vol.63
【ゴンサロ・ルバルカバ】
音脈Vol.64
intoxicate vol.123
【公演紹介】
音脈Vol.64(Music Festival TOKYO)
intoxicate vol.121
ぴあクラシックVol.40

公演によせて

パキート・デリベラ、アルトゥーロ・サンドヴァル、ブランフォード・マルサリス…「Jazz meets Classic with 東京都交響楽団」で過去、小曽根真が招いたゲストにはいつも驚かされてきたが、しかし今回はまた格別だ。ゴンサロ・ルバルカバ。現代キューバを代表する国宝級ピアニストの登場である。
広範なジャンルを自在に往来する、という意味では共通するスタンスを持つ小曽根とゴンサロだが、そんな彼らが選んだのはバルトークの〈2台のピアノと打楽器のための協奏曲〉。ピアノという楽器の打楽器的側面と、時に静謐とさえ呼びたい響きの美を見事に共存させたこの作品は、“歌と躍動”と併せ持つこの2人にまさにうってつけ。これまで見出し得なかったこの曲の新たな魅力を我々に教えてくれるはずだ。さらに第2部は、ピアノ・デュオによるジャズ・セッションというからたまらない。両者の個性のぶつかりあいと調和から生まれる音楽は、必ずや未体験の刺激を提供してくれるに違いない。
藤本史昭(音楽ライター)


チケット情報
料金(税込) S席5,000円 A席4,000円 B席3,000円 25歳以下1,000円 1日予定枚数終了
【当日券】
10月1日:販売はございまさせん。
10月2日:14:00より販売します(席種・枚数未定)。
発売日 4月22日(金)
お申込み 東京文化会館チケットサービス【窓口・電話・Web】
03-5685-0650(オペレーター対応10:00~19:00)
都響ガイド(1日2日)【窓口・電話・Web】
03-3822-0727(オペレーター対応10:00~18:00/土日祝休み)
チケットぴあ【電話・Web・店頭】 
0570-02-9999(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの店頭で購入可 ※詳しくはこちら
イープラス【Web・店頭】 
ファミリーマート店頭のFamiポートで購入可 ※詳しくはこちら
ローソンチケット【電話・Web・店頭】(Lコード:31489) 
0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
0570-084-003(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ローソンとミニストップ店頭のLoppiで購入可 ※詳しくはこちら
【10/2八王子公演のみ】
窓口販売(9:00~19:00 ※発売初日10:00~)
 オリンパスホール八王子 042-655-0809
 いちょうホール 042-621-3001
 南大沢文化会館 042-679-2202
 八王子市学園都市センター 042-646-5611
電話予約(オペレーター対応9:00~17:00 ※発売初日13:00~)
 公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団 042-621-3005
インターネット予約(休止期間3:00~4:00 ※発売初日13:00~)
 パソコン
 スマートフォン・携帯電話
詳しくはこちら

プロフィール
小曽根真(ピアノ) Makoto Ozone, Piano

1983年バークリー音楽大学ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。2003年にグラミー賞にノミネート。
以来、ソロ・ライブをはじめゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界中のトッププレイヤーとの共演や、自身のビッグ・バンド「No Name Horses」を率いて、ジャズの最前線で活躍を続けている。
また、クラシックにも本格的に取り組み、国内外の主要オーケストラと、バーンスタイン、モーツァルト、プロコフィエフ、ラフマニノフなどの協奏曲の演奏でも大きな注目を集めている。
2014年にはニューヨーク・フィルのソリストに抜擢され、韓国、日本、ニューヨーク公演で共演。また、サンフランシスコ交響楽団にも招かれるなど、米国でも躍進を遂げている。
近年は、作・編曲にも力を注ぎ、クリエイティブなオリジナル作品を次々と生み出している。
www.makotoozone.com
ゴンサロ・ルバルカバ(ピアノ) Gonzalo Rubalcaba, Piano

1963年、革命後のハバナ生まれ。
才能に溢れる、モダンジャズ界を代表するアーティストである。
ハバナのインスティテュート・オブ・ファイン・アーツ作曲科を卒業。10代半ばにはジャズ・クラブ等でドラマーやピアニストとしても活躍し、大学卒業後はポピュラー・ミュージシャンの世界へ身を投じる。1985にディジー・ガレスピー、1986年にはブルーノート・レコードのブルース・ランドヴォール社長と運命的な出会いを果たし、これを端に91年はドミニカ共和国へ、96年にはマイアミへと活動の拠点を移した。
海外レコーディングした一連の作品は東芝EMIおよび ブルーノート・レコードからリリースされ、過去14年で4度グラミー賞を受賞。ノミネートに至っては15回を記録している。レパートリーは「正統派」ジャズからビー・バップ、アフロキューバン・ジャズ、そしてキューバやメキシコの伝統的なバラード、ボレロまで広がりを見せ、今ではキューバの古典的な作品にまで及んでいる。ルバルカバの芸術は常に進化し、アフロキューバンの伝統からインスピレーションを受け続けている。
角田鋼亮(指揮) Kosuke Tsunoda, Conductor

東京藝術大学大学院指揮科ならびにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2006年第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2008年第4回カラヤン生誕100周年記念の同コンクール第2位。2010年第3回グスタフ・マーラー国際指揮コンクールにて最後の6人に残る。これまでに、コンチェルトハウス・オーケストラ・ベルリン、ブランデンブルグ交響楽団、上海歌劇院管弦楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等と共演している。セントラル愛知交響楽団指揮者。2016年4月より大阪フィルハーモニー交響楽団指揮者に就任。いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として、活躍の場を拡げている。
東京都交響楽団(管弦楽) Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra

東京オリンピックの記念文化事業として1965年東京都が設立(略称:都響)。
2015年に創立50周年を迎え、大野和士が音楽監督、小泉和裕が終身名誉指揮者、エリアフ・インバルが桂冠指揮者、ヤクブ・フルシャが首席客演指揮者を務める。定期演奏会などを中心に、小中学生への音楽鑑賞教室(約60回/年)、青少年への音楽普及プログラム、多摩・島しょ地域での訪問演奏、ハンディキャップを持つ方のための「ふれあいコンサート」や福祉施設での出張演奏など、多彩な活動を展開。
《首都東京の音楽大使》として、これまで欧米やアジアで公演を成功させ、国際的な評価を得ている。2015年11月にはベルリン、ウィーンなど5ヶ国6都市をめぐるヨーロッパツアー(指揮:音楽監督・大野和士)を行い、細川俊夫の委嘱新作などを演奏し、いずれも熱烈な喝采を浴びた。
受賞歴に、「第6回京都音楽賞大賞」受賞、インバル指揮「ショスタコーヴィチ:交響曲第4番」での第50回レコード・アカデミー賞〈交響曲部門〉、「インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス全集」での〈特別部門:特別賞〉など。
オフィシャル・サイト

関連公演

都合により内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。
未就学児の入場はご遠慮ください。
お問い合わせ    東京文化会館 事業企画課 03-3828-2111(代表)
主催    東京都/東京文化会館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
共催    公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団(オリンパスホール八王子公演)




HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.