東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
主催公演 主催公演レンダー 共催公演

プラチナ・シリーズ第1回 クラウス・フロリアン・フォークト ~スターテノールが歌う「水車屋の娘」~

「奇跡の音響」と称される小ホールで贅沢なひと時を。一流アーティストによる珠玉のコンサートをお楽しみください。
日時    2016年6月6日(月)19:00開演(18:30開場) 終了しました
会場    東京文化会館 小ホール
出演    テノール:クラウス・フロリアン・フォークト
ピアノ:ヨプスト・シュナイデラート
クラウス・フロリアン・フォークトヨプスト・シュナイデラート
曲目    シューベルト:歌曲集「美しき水車屋の娘」
【アンコール】
ブラームス:49のドイツ民謡集 WoO33 より No.6「あの下の谷では」
ブラームス:5つのリート op.47 より No.3「日曜日」

公演によせて

ワーグナーの楽劇で必要とされる輝かしい声。それを持つテノールは現在極めて少ない。その数少ないひとりがクラウス・フロリアン・フォークトである。2012年に新国立劇場で「ローエングリン」に出演したフォークトは、輝かしい声で聴衆を魅了し、「理想的なローエングリン」と評価された。そのフォークトが東京文化会館の小ホールで行われる「プラチナ・シリーズ」に出演して、シューベルトの傑作「美しき水車屋の娘」を歌う。
彼の輝かしい声を小ホールで、というのも贅沢だが、選んだ作品がシューベルトの連作歌曲というのも興味深い。ドイツ語圏出身の歌手として、シューベルトに向かうというのは当然のことなのだろう。オペラで活かされるドラマティックな声が、シューベルトの世界でどのように変化するのか。若々しく、繊細で、かつ情感に溢れた「美しき水車屋の娘」の世界。フォークトの歌唱によって、そこにはさらに新しい魅力が付け加えられることだろう。

片桐卓也(音楽ライター)

公式サイト

チケット情報
料金(税込) 5公演セット券:S席24,300円 A席19,800円 販売終了
1回券:S席7,000円 A席6,000円 B席4,000円 予定枚数終了
※セット券は東京文化会館チケットサービスの窓口・電話のみ取扱(Webでの販売はございません)
※B席は東京文化会館チケットサービスのみ取扱
【当日券】完売のためございません。
発売日 5公演セット券:3月5日(土)~19日(土)期間限定販売
1回券:4月2日(土)発売
お申込み 東京文化会館チケットサービス【窓口・電話・Web】
03-5685-0650(オペレーター対応10:00〜19:00)
※セット券は窓口・電話のみ取扱(Webでの販売はございません)
チケットぴあ【電話・Web・店頭】  販売終了
0570-02-9999(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの店頭で購入可 ※詳しくはこちら
イープラス【Web・店頭】  販売終了
ファミリーマート店頭のFamiポートで購入可 ※詳しくはこちら
ローソンチケット【電話・Web・店頭】  販売終了
0570-000-407(オペレーター対応10:00〜20:00)
0570-084-003(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ローソンとミニストップ店頭のLoppiで購入可 ※詳しくはこちら

プロフィール
クラウス・フロリアン・フォークト(テノール) Klaus Florian Vogt, Tenor

ハノーファーとハンブルクの音楽大学でホルンを学び、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団のホルン奏者として活動する。並行してリューベック音楽大学でギュンター・ビンゲ教授に師事し声楽を学び、1997年/98年シーズンより、フレンスブルク州立劇場と契約。その後、ワーグナー作品でデビューを果たし、マドリッド、パリ、ミュンヘン、ミラノ、ニューヨーク、ロンドン、東京、バイロイト音楽祭などに出演し、今や世界で最も重要なテノール歌手の一人となった。07年夏にはバイロイト音楽祭にデビューし、カタリーナ・ワーグナー演出の《マイスタージンガー》の新プロダクションで、ワルター・フォン・シュトルツィング役で大成功を収め、それ以降毎年バイロイトに出演している。今日では、ローエングリンやパルジファル、ホフマンといったドラマチックな役どころをレパートリーとしている。12年、エコー・クラシック年間最優秀歌手。
ヨプスト・シュナイデラート(ピアノ) Jobst Schneiderat, Piano

カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学にて、ピアノ、オペラのピアノ伴奏、リート伴奏を学ぶ。1986年よりドレスデン・ゼンパー・オーパーのソロ・コレペティトールに就任。20年以上の間多くの歌手のリハーサル伴奏を手がけ、リカルダ・メルベート、カミッラ・ニールント、ゲオルク・ツェッペンフェルト、クラウス・フロリアン・フォークトなどと共演している。また、オペラの若手育成や室内楽にも情熱を注いでおり、ヨーロッパ、アメリカ、日本へのコンサートツアーやザルツブルク音楽祭など著名な音楽祭への参加も多い。00年にジュゼッペ・シノーポリ指揮《ニーベルングの指輪》の練習ピアニストを務めて以来、バイロイト音楽祭では音楽アシスタントとして定期的に関わっている。2014年にはザルツブルクでのサマーアカデミーの伴奏者を務め、2015年はバイロイトでのマスタークラスのピアノを担当した。


関連公演

都合により内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。
未就学児の入場はご遠慮ください。
お問い合わせ    東京文化会館 事業企画課 03-3828-2111(代表)
主催    東京都/東京文化会館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)




HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.