東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
主催公演 主催公演レンダー

Music Program TOKYO プラチナ・シリーズ第5回 荘村清志 ゲスト:小林沙羅 ~20年目の命日に贈るタケミツの愛のうた~

「奇跡の音響」と称される小ホールで、一流アーティストによる珠玉のコンサートで贅沢なひとときを。
武満徹と親交が深かった荘村清志が「この日しかない」と満を持して贈るスペシャル・プログラム。
日時    2016年2月20日(土)15:00開演(14:30開場) 終了しました
会場    東京文化会館 小ホール
出演    ギター:荘村清志
ソプラノ:小林沙羅*
荘村清志小林沙羅
曲目    【第1部】
武満 徹:
 フォリオス
 《SONGS》より*
  島へ(井沢満作詞、荘村清志編曲)
  素晴らしい悪女(永田文夫作詞、啼鵬編曲)
  うたうだけ(谷川俊太郎作詞、福田進一編曲)
  ○と△の歌(武満徹作詞、佐久間順平編曲)
  小さな空(武満徹作詞、荘村清志編曲)
 すべては薄明のなかで

【第2部】
武満 徹:
 エキノクス
 《SONGS》より*
  ワルツ(岩淵達治作詞、荘村清志編曲)
  めぐり逢い(荒木一郎作詞、渡辺香津美編曲)
 森のなかで
 《SONGS》より*
  翼(武満徹作詞、佐久間順平編曲)
  ぽつねん(谷川俊太郎作詞、荘村清志編曲)
  死んだ男の残したものは(谷川俊太郎作詞、荘村清志編曲)

【アンコール】
武満 徹:
 ヒロシマという名の少年
 《SONGS》より 明日ハ晴レカナ、曇リカナ(武満徹作詞)*

メッセージ
武満さんに初めてお会いしたのは、1974年の私のリサイタルの為に作曲をお願いしにご自宅に伺ったときでした。演奏会場などでお見かけする厳しい雰囲気と違って、実際にお会いすると、とても気さくでユーモアがあり、あたたかい方でした。そして武満さんが大好きだった、バッハのマタイ受難曲のコラールの一節が曲の最後に引用されている武満さんにとって初めてのギター独奏曲『フォリオス』が生まれました。以来武満さんとは仕事はもちろんプライベートでも親しくさせていただき、多くの事を学ばせて頂きました。作曲も演奏も心が大切であるということ、その為に自分を磨くということ。今回はギター独奏曲全4曲と、武満さんが普段何気なく口ずさんでいる時作られたと思われる、親しみやすく心に沁みる歌をソプラノ歌手、小林紗羅さんに歌っていただきます。2月20日は武満さんの没後20年の命日です。天国にいらっしゃる武満さんに、感謝の気持ちを込めて演奏させていただきます。
荘村清志

写真

チラシ
放送のお知らせ
NHK BSプレミアム「クラシック倶楽部」
2016年4月25日(月)5:00~5:55
NHK-FM「ベスト オブ クラシック」
2016年7月6日(水)19:30~21:10
【荘村清志出演】
J-WAVE「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」
12月19日(土)11:35~11:45
掲載情報

チケット情報
料金(税込) 5公演セット券:S席22,500円 A席18,000円 セット券販売終了
1回券:S席5,000円 A席4,000円 B席2,500円 予定枚数終了
※セット券は東京文化会館チケットサービスの窓口・電話のみ取扱(Webでの販売はございません)
※B席は東京文化会館チケットサービスのみ取扱
【当日券】完売のためございません。
発売日 セット券販売期間:4月11日(土)~25日(土)
1回券:5月9日(土)
お申込み 東京文化会館チケットサービス【窓口・電話・Web】 ※販売終了
03-5685-0650(オペレーター対応10:00〜19:00)
※セット券は窓口・電話のみ取扱(Webでの販売はございません)
チケットぴあ【電話・Web・店頭】  ※販売終了
0570-02-9999(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの店頭で購入可 ※詳しくはこちら
イープラス【Web・店頭】  ※販売終了
ファミリーマート店頭のFamiポートで購入可 ※詳しくはこちら
ローソンチケット【電話・Web・店頭】  ※販売終了
0570-000-407(オペレーター対応10:00〜20:00)
0570-084-003(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ローソンとミニストップ店頭のLoppiで購入可 ※詳しくはこちら

プロフィール
荘村清志(ギター) Kiyoshi Shomura, Guitar

9歳よりギターを始める。1963年に巨匠イエペスに認められ、翌年スペインで師事。
69年の日本デビューで、「テクニック、音楽性ともに第一人者」との高い評価を得た。71年には北米で28に及ぶ公演を行い、国際的評価を不動のものにした。74年にはNHK教育テレビ「ギターを弾こう」に講師として出演し、一躍全国にその名と実力が知られることになった。
2008年ビルバオ交響楽団の定期演奏会に出演。同団とは《アランフェス協奏曲》を録音、09年にCDをリリース、日本ツアーのソリストとして同行し好評を博した。
13年12月にはCD「アルハンブラの想い出」をリリース、14年デビュー45周年を記念して東京にて大友直人指揮東京都交響楽団と協奏曲3曲を演奏したほか、各地にてリサイタルを行い円熟した演奏を聴かせている。現在、東京音楽大学客員教授。

小林沙羅(ソプラノ) Sara Kobayashi, Soprano

東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。2010年度野村財団奨学生、11年度文化庁新進芸術家在外研修員。14年度ロームミュージックファンデーション奨学生。ウィーン在住。06年に『バスティアンとバスティエンヌ』バスティエンヌでデビュー後、東京芸術劇場シアターオペラシリーズに度々出演し12年ソフィア国立歌劇場『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタ役で欧州デビュー後、 海外へも活動の幅を広げている。14年3月に日本コロムビアよりデビューCDアルバム「花のしらべ」をリリース。


関連公演

都合により内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。
未就学児の入場はご遠慮ください。
お問い合わせ    東京文化会館 事業企画課 03-3828-2111(代表)
主催    東京都/東京文化会館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)




HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.