東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
主催公演 主催公演レンダー

Music Weeks in TOKYO 2014 プラチナ・シリーズ 第5回 白井光子&ハルトムート・ヘル ~世界最高峰のリートデュオ~

歌と伴奏という概念を超えたリートデュオの至宝。
言葉と音楽が織りなす感動の瞬間をお届けします。
日時    2015年3月6日(金)19:00開演(18:30開場) 終了しました
会場    東京文化会館 小ホール
出演    メゾソプラノ:白井光子
ピアノ:ハルトムート・ヘル
白井光子ハルトムート・ヘル
曲目    ブラームス:
 たそがれ op.49-5
 メロディのように op.105-1
 おお、帰り道さえわかれば(郷愁II) op.63-8
 野原にひとり op.86-2
 家もなく故郷もなく(あるドラマより) op.94-5
 夢は去り op.58-7
 春の歌 op.85-5
R.シュトラウス:
 森を行く op.69-4
 おお、あなたが私のものなら op.26-2
 帰郷 op.15-5
 私は漂う op.48-2
 冬の愛 op.48-5
リスト:
 ぼくの歌には毒がある S.289
 花とそよ風 S.324
 ざわめくのは風 S.294
 それは素晴らしいことにちがいない S.314
 マルリングの鐘よ S.328
 御身、天から来たり S.279
 3人のジプシー S.320
【アンコール】
フランツ:素晴らしく美しい五月に op.25-5
シューマン:くるみの木 op.25-3
シマノフスキ:窓からのり出して op.54-4
ブラームス:私は夢見てた op.57-3
ヴォルフ:ねずみ取りのおまじない
ブラームス:ネコヤナギ op.107-4

メッセージ

リートの素晴らしいところのひとつに、歌曲を通して、自分が生きてきた人生とは違う人生を歌の中に見出す、ということがあります。聴いていただく方たちそれぞれにもひとつひとつの人生がおありだと思いますので、その上に重ねて、そういった歌の中のまた違う人生を聴いていただくという同じ時間を分かち合えるのが、コンサートの楽しみとも言えるかも知れません。

詩人のうたに感じるものを得て作曲家がメロディーをつくり、わたしたちがそれを舞台上で再現する。そういったことに興味を持ち、勉強を続け、楽しみを感じながら、気がつけば私たち自身にも長い時間が降り積もりました。若い時とはまた違った経験を通じて、同じ歌でもまた新鮮に感じたり、今までとは違った気持ちを抱くことがあり、ますます今の自分たちが歌いたいものを歌いたいという素直な気持ちが強くなって来ました。

今回あらたに加えたブラームスの歌曲の中には、文字通り“たそがれ”の中で人生を振り返りつつ、いつか自分があちら側に行った時には懐かしい人々にまた抱かれるのだという歌があります(「Abenddämmerung/たそがれ*」)。また、昔をかえりみて子供の頃にかえりたいと愛おしく切ない懐かしさを歌うものもあります(「O wüsst' ich doch den Weg zurück/おお、帰り道さえわかれば*」)。その流れから、年老いた心に木々や花とともにもう一度咲きたいのかと語りかける歌(「Frühlingslied/春の歌*」)や、生の先にあるものを想わせる歌(「Vorüber/夢は去り*」)なども加えてみました。こういった曲は今のわたしたちだからこそ歌ってみたいと思う歌になったものです。若い時には敢えてこういった曲を歌っていなかったのも、同じ理由からかも知れません。

シュトラウスの曲についても、今までのわたしたちがあまり演奏することのなかった歌を入れています。そして、リストは日本ではほとんど演奏していないので、とても新しい気持ちで組んだプログラムです。

年齢を経たからこそ感じることができるものを大切に、多くの歌曲の中から「いま」のわたしたちが歌いたいと感じる曲を並べてみたのが今回のプログラムです。演奏会では、そこにみなさまそれぞれの人生を持ち寄って、わたしたちと共に、自由な気持ちで聴いていただければと思っています。

白井光子&ハルトムート・ヘル

(*邦題は主催者により追記しました)


公演によせて

至宝のリート(歌曲)歌手は数少ないが、何人かあげることはできる。ハンス・ホッターやディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウもそうだろう。しかし、至宝のリートデュオはこれまでに存在しただろうか。もちろんフィッシャー=ディースカウとジェラルド・ムーアは数々の名演を残している。しかしフィッシャー=ディースカウは200人以上のピアニストと共演しているのである。

言うまでもなく、リートは歌手とピアニストが一対一の力関係で四つに組んでこそ、その魅力を全面的に開示できる芸術である。白井光子とハルトムート・へルは世界にこれまで存在しなかったリートデュオの至宝と言っていい。ドイツ歌曲を中心に様式、時代の違いを超える数多くのレパートリーで、彼らは相互に音楽の本質を対峙、融合させ、響きによるさまざまな色をきめこまかく、深く、広げ、感動と陶酔と知的興奮を同時にもたらすのである。

梅津時比古(音楽評論家)


掲載情報
【白井光子インタビュー】
音脈vol.57
intoxicate 2014年10月号
ハンナ 2015年1月号
ぶらあぼ 2015年2月号
音楽の友 2015年2月号


チケット情報
料金(税込) セット券(全5回):S席24,300円 A席19,800円 セット券販売終了
1回券:S席5,000円 A席4,000円 B席2,500円 予定枚数終了
※セット券、B席は東京文化会館チケットサービスのみ取扱
発売日 セット券販売期間:7月5日(土)~7月19日(土)
1回券:7月26日(土)
お申込み 東京文化会館チケットサービス【窓口・電話・Web】
03-5685-0650(オペレーター対応10:00〜19:00)
東京芸術劇場ボックスオフィス【窓口・電話・Web】
0570-010-296(オペレーター対応10:00〜19:00/窓口・コンビニ引取のみ)
チケットぴあ【電話・Web・店頭】 
0570-02-9999(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの店頭で購入可 ※詳しくはこちら
イープラス【Web・店頭】 
ファミリーマート店頭のFamiポートで購入可 ※詳しくはこちら
ローソンチケット【電話・Web・店頭】 
0570-000-407(オペレーター対応10:00〜20:00)
0570-084-003(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ローソンとミニストップ店頭のLoppiで購入可 ※詳しくはこちら

関連公演

プロフィール
白井光子(メゾソプラノ)Shirai Mitsuko, Mezzo Soprano
ハルトムート・ヘル(ピアノ)Hartmut Höll, Piano


シュヴァルツコプフ、フィッシャー=ディースカウといった名演奏家の芸術を受け継ぎ、今や世界最高峰と評されるリートデュオ。
1972年シュトゥットガルト音楽大学在学中にデュオを結成。73年フーゴ・ヴォルフ歌曲コンクール、74年ロベルト・シューマン・コンクール等、数多くのコンクールで優勝。以来、国際的なリートデュオとして「歌と伴奏」という概念を超えた演奏活動を世界各地で精力的に行なっている。82年には白井光子がシューマンの生地ツヴィカウ市よりシューマン賞を受賞。また、ハルトムート・ヘルは同年よりフィッシャー=ディースカウと各地の音楽祭に出演、日本公演にも同行した。その他、タベア・ツィンマーマン、エドゥアルト・ブルンナー、ザビーネ・マイヤーらとも共演している。
後進の指導にも熱心に取り組み、フランクフルト音楽大学、ケルン音楽大学を経て、現在はカールスルーエ音楽大学でリート科教授を務めるほか、欧米各地のマスタークラスでも指導にあたっている。
96年出光音楽大賞、97年ABC国際音楽賞受賞。また、白井光子は日独両国にその長年にわたる功績を認められ、05年度第56回芸術選奨文部科学大臣賞、08年に紫綬褒章、そして2010年ドイツ連邦共和国功労十字小綬章を受章。
現在、ハルトムート・ヘルはカールスルーエ音楽大学学長(07年~)としてリートのみならず音楽教育に熱心に取り組み、意欲的なプログラムによるコンサートを企画、主宰。また、白井光子はカールスルーエ音楽大学の他、国立音楽大学招聘教授も務めている。

都合により内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。
未就学児の入場はご遠慮ください。
お問い合わせ    東京文化会館 事業企画課 03-3828-2111(代表)
主催    東京都/東京文化会館・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)




HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.