東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
東京音楽コンクール
  • 入賞者リスト
  • 第15回音楽コンクール
  • 第14回音楽コンクール

東京音楽コンクール応募要項


部門・日程・応募資格 審査員
審査方法等 応募の流れ
表彰・入賞者支援等 課題曲(ピアノ部門)
課題曲(弦楽部門) 課題曲(木管部門)
申込書のダウンロード(PDF)


東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、読売新聞社、花王株式会社、東京都の四者が主催し、芸術家としての自立を目指す可能性に富んだ新人音楽家を発掘し、育成・支援を行うことを目的としてこのコンクールを実施します。

主催:東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)/読売新聞社/花王株式会社/東京都
協賛:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社/有馬温泉 有馬グランドホテル/株式会社コンサートサービス/サントリーホールディングス株式会社/東京地下鉄株式会社/三井住友海上火災保険株式会社/森平舞台機構株式會社
助成:公益財団法人江副記念財団
制作協力:公益財団法人ジェスク音楽文化振興会
協力:新日本フィルハーモニー交響楽団/東京交響楽団/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団/東京都交響楽団/東京フィルハーモニー交響楽団/日本フィルハーモニー交響楽団/読売日本交響楽団/東京オーケストラ事業協同組合

2017年4月17日(月)~4月26日(水)(必着・送付受付のみ)※定員制・先着順



部門・日程・応募資格

部門 ピアノ 弦楽 木管
楽器 ピアノ ヴァイオリン
ヴィオラ
チェロ
コントラバス
フルート
オーボエ
クラリネット
ファゴット
応募資格
※年齢は2017年5月31日現在
~30歳 15歳~30歳 18歳~30歳
国籍・居住地不問
定員 約120人 約120人 約180人
応募多数の場合は、先着順とします。
(この件についてのお問合せには一切お答えできません。)
第1次予選
〔演奏審査・非公開〕
7月4日(火)
7月5日(水)
7月6日(木)
7月1日(土)
7月2日(日)
7月3日(月)
6月28日(水)
6月29日(木)
6月30日(金)
第2次予選
〔演奏審査・公開〕
8月20日(日) 8月24日(木) 8月22日(火)
本選及び表彰式
〔演奏審査・公開〕
8月27日(日)
梅田俊明 指揮
日本フィルハーモニー交響楽団
8月31日(木)
角田鋼亮 指揮
東京フィルハーモニー交響楽団
8月29日(火)
山下一史 指揮
東京交響楽団

参加費¥30,000(第1次予選・第2次予選・本選を含む) ※申込受理者のみ
会場東京文化会館
第1次・2次予選:小ホール 本選及び表彰式:大ホール
東京都台東区上野公園5-45(JR上野駅「公園口」前)



審査員
◎…部門審査員長
ピアノ部門 青柳 晋/田部京子/寺田悦子/野平一郎◎/若林 顕/シン・スジョン(元ソウル大学校音楽学部長)/ボリス・ペトルシャンスキー(イモラ国際ピアノアカデミー教授)
弦楽部門 兎束俊之/大谷康子◎/菅沼準二/西田直文/長谷川陽子/藤原浜雄/ベアンテ・ボーマン/星 秀樹/ミヒャエル・ヴァイマン(ケルン音楽大学教授)
木管部門 岡崎耕治/加瀬孝宏/亀井良信/工藤重典/佐久間由美子/十亀正司/宮本文昭◎/吉田 將/ポール・エドモンド=デイヴィス(英国王立音楽院教授、元ロンドン交響楽団首席)
部門共通 国塩哲紀(東京都交響楽団芸術主幹)/三枝成彰(作曲家、音楽プロデューサー)
コンクール顧問 堤 剛(チェリスト、サントリーホール館長)
ヤン・ウィレム・ロート(元フランス国立管弦楽団芸術監督、元ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ディレクター等)
東京音楽コンクール総合審査員長 小林研一郎(指揮者、東京文化会館音楽監督)



審査方法等

  1   第1次予選(非公開審査)
 (1) 部門ごとに指定された課題曲の演奏を審査します。(課題曲を参照のこと)
(2) 途中で演奏を打ち切る場合があります。
(3) 結果については、審査終了後、会場に掲示し、ホームページに掲載します。
(4) 第14回ピアノ部門および第13回弦楽部門、木管部門の第2位、第3位入賞者で、今回同一部門に応募する方は、第1次予選を免除します。

  2   第2次予選(公開審査)
 (1) 部門ごとに指定された課題曲の演奏を審査します。(課題曲を参照のこと)
(2) 途中で演奏を打ち切る場合があります。
(3) 結果については、審査終了後、会場に掲示し、ホームページに掲載します。

  3   本選(公開審査)
 (1) 部門ごとに指定された課題曲の演奏を審査します。(課題曲を参照のこと)
(2) 結果については、審査終了後、会場にて発表し、表彰式を行います。

  4   その他(演奏等について)
 (1) 第1次予選は、東京文化会館小ホールにおいて、独奏またはピアノ伴奏にて非公開で審査します。
(2) 第2次予選は、東京文化会館小ホールにおいて、独奏またはピアノ伴奏にて公開で審査します。
(3) 本選は、東京文化会館大ホールにおいて、オーケストラ伴奏にて公開で審査します。
(4) 過去の「東京音楽コンクール」第1位入賞者は、同一部門での再応募はできません。
(5) 申込書提出後に演奏曲目は変更できません。演奏順は指示がある場合を除き、応募要項の記載順としてください。
(6) 演奏は、指定がある場合を除いて、全て暗譜とします。
(7) 第1次予選及び第2次予選の伴奏は、指定がある場合を除いてピアノに限ります。
(8) 伴奏者、譜めくり等が必要な場合は応募者が手配し、費用は応募者負担とします。
※海外在住者については「応募の流れ」6(6)を参照のこと。
(9) 伴奏者は原則として変更できません。
(10) ピアノの内部奏法はできません。
(11) 本選は各部門とも前日にリハーサル、当日にゲネプロを行います。



応募の流れ

書類準備
応募
受理・不受理
参加費振込
申し込み完了


  1   提出書類
 (1) 申込書(第15回東京音楽コンクール所定用紙)
◆申込書のダウンロードはこちら
記載に不備のある場合は、受理しないことがあります。提出前によく確認してください。
演奏曲目については、本選までの曲目をすべて記入してください。
申込書の様式に準拠している場合は、パソコン等での入力も可とします。
(2) 身分証明書
パスポートのコピーもしくは氏名、生年月日が記載された公的書類(住民票、保険証、運転免許証等)のコピー ※学生証、マイナンバーカードは不可
(3) 返信用封筒(受理・不受理の通知送付用) ※日本国内在住者のみ
返信用封筒(長形3号封筒120×235mm)に82円切手を貼付し、住所、氏名、部門、楽器を明記してください。

提出された書類は返却いたしません。
提出書類等の送付中の紛失については、責任を負いません。提出書類のコピーを取って保管してください。
送付する封筒には、氏名、部門、楽器を明記してください。

送付先
〒110-8716 東京都台東区上野公園5-45
東京文化会館事業企画課「東京音楽コンクール」係

  2   応募
2017年4月17日(月)~4月26日(水)(必着・送付受付のみ)
 (1) 提出書類等を、上記送付先まで書留郵便または宅配便など、配達の証明が可能な手段にて提出してください。持ち込みによる受付はいたしません。
(2) 第1次予選免除対象者も上記の期間に応募してください。
(3) 海外在住者は、応募受付期間内に申込書をコンクール事務局にFAXした上で、10日以内に届くよう送付してください。FAX到着後10日以内に原本が届かない場合は受け付けないことがあります。税関検査等で期間内に届かない場合があるため、余裕を持って申し込んでください。

  3   受理・不受理の通知
  5月22日(月)頃を目途に、受理・不受理の通知および参加費納入のお知らせ(受理した方のみ)をお送りします。

  4   参加費
  30,000円(第1次予選・第2次予選・本選を含む)
申込みを受理した方にお送りするご案内に従って、納入期間内に納入してください。
納入期限 2017年5月19日(金)~26日(金)厳守 (期間外の納入は受け付けません)

  5   定員
  部門ごとに定員があります。先着順で、定員に達し次第、受付を締め切ります。受付を締め切った場合は、ホームページでご案内します。この件に関する電話等でのお問い合わせには一切お答えできません。

  6   その他
 (1) 本コンクールの録音・録画権、放送権、頒布権等は、すべて主催者に帰属します。
(2) 申込書に記載された個人情報は、「第15回東京音楽コンクール」の実施及び審査を目的として利用するものであり、無断で他の目的に使用したり、第三者に提供・開示することはありません。
(3) 第1次予選及び第2次予選の順位、審査内容についてのお問合せには、一切お答えできません。
(4) 第1次予選の審査日時については、ご希望には沿えません。指定された日時にお越しください。
(5) コンクール参加にかかる旅費及び滞在費については、参加者負担とします。
(6) 海外在住者で伴奏者手配及び練習室の提供を希望する場合は、6月9日(金)までにお問合せください。
(7) 申し込み後に参加を辞退する場合は、必ず事務局までご連絡ください。


表彰・入賞者支援等

  1   表彰
  本選審査により、部門ごとに、原則として第1位、第2位、第3位を入賞者とし、賞状及び下記の賞金を贈ります。その他の本選出場者については、入選者とし、賞状を贈ります。
また、各部門の本選で聴衆による投票を行い、最も多い票を得た出場者に対し、聴衆賞を贈ります。

第1位 100万円  第2位 60万円  第3位 40万円

複数の入賞者が同位にある場合には、当該順位及びその次順位の賞金の合計額を等分にして授与します。

  2   入賞者支援等
 (1) 東京文化会館主催事業等への出演
1. 第1位及び最高位入賞者は、2018年1月8日(月・祝)に東京文化会館他が主催する「優勝者&最高位入賞者コンサート」(会場:東京文化会館大ホール)において、円光寺雅彦指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演していただきます。リハーサルは同年1月7日(日)に行います。
2. 東京文化会館が主催または共催するコンサートやオペラ等の出演者候補とします。
3. 都内区市町村が主催する「フレッシュ名曲コンサート」の出演者候補として、関係者に推薦します。
 (2) リサイタル支援
コンクール実施の翌年度以降、5年の間に入賞者が単独でリサイタルを行う場合、1回に限り東京文化会館が共催し、小ホールを半額で提供し(附属設備等使用料は除く)、広報・宣伝協力を行い支援します。
(申請に基づき、入賞後の活動状況を審査し、選考された者に対し支援します。)
 (3) 入賞者の紹介
1. 「第15回東京音楽コンクール アーティストリスト」へ掲載し、音楽事務所、マスコミ等に配布します。
2. 東京文化会館ホームページ「東京音楽コンクール入賞者リスト」にプロフィールや今後の活動予定を掲載します。
 (4) 関係コンサート等への出演紹介
公益財団法人東京都歴史文化財団が管理運営する他の施設が主催するコンサート等へ出演者候補として紹介します。
 (5) 東京都交響楽団事業への出演
東京都交響楽団が主催または出演する「音楽鑑賞教室」等への出演者候補として推薦します。



第15回東京音楽コンクール課題曲


ピアノ部門
を全て記載順に演奏すること

【第1次予選】
ベートーヴェンのソナタより任意の1曲(楽章は当日指定する。繰り返しはなしとする。)
ショパンのエチュードOp.10またはOp.25より任意の1曲(ただしOp.10-3、Op.10-6、Op.25-7は除く。)
*演奏はカットする場合がある


【第2次予選】
以下のうち複数の時代を選び、30~35分のプログラムを構成すること。作品の時代区分は、各々の見識で判断すること。
・バロックの作品
・古典派の作品
・ロマン派の作品
・近現代の作品
*第1次予選で演奏する曲と重複してはならない


【本選】
以下のうち任意の1曲
W.A.モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466
ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
ピアノ協奏曲第26番 ニ長調「戴冠式」K.537
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
L.v.ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37
ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op.58
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調「皇帝」 Op.73
F.ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11
ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21
R.シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54
F.リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
C.サン=サーンス ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.22
ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 Op.44
P.I.チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23
E.グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
S.ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18
ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op.30
パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43
M.ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調
B.バルトーク ピアノ協奏曲第2番 Sz.95
ピアノ協奏曲第3番 Sz.119
S.プロコフィエフ ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.16
ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26


弦楽部門
を全て記載順に演奏すること

ヴァイオリン

【第1次予選】
N.パガニーニ 24の奇想曲 Op.1より 任意の1曲(繰返しなし。ただし24番のみ繰返しあり。)

以下のうち任意の1曲
W.A.モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216より 第1楽章(カデンツァ付)
*カデンツァは自由
W.A.モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218より 第1楽章(カデンツァ付)
*カデンツァは自由
W.A.モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219より 第1楽章(カデンツァ付)
*カデンツァは自由

【第2次予選】
以下のうち任意の1曲
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV1001より フーガ
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ短調 BWV1003より フーガ
J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005より フーガ

8~12分のヴィルトゥオーゾ作品(複数曲も可。無伴奏曲も可。ただし12分を超える場合は適宜カットすること。)

【本選】
以下のうち任意の1曲
F.メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
C.サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 Op.61
A.グラズノフ ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.82
P.I.チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
J.シベリウス ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
S.プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調 Op.19
S.プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 Op.63



ヴィオラ

【第1次予選】
F.A.ホフマイスター 練習曲より 第4番アレグロ、第9番カンタービレ(繰返しなし)

【第2次予選】
A.ポーション パッサカリア(Hug版)
P.ヒンデミット 無伴奏ヴィオラ・ソナタ Op.11-5より 第4楽章

【本選】
以下のうち任意の1曲
P.ヒンデミット 白鳥を焼く男(Schott版)
B.バルトーク ヴィオラ協奏曲 Sz.120(Boosey&Hawkes版) ※シェルイ補筆版
A.シュニトケ ヴィオラ協奏曲(1985)



チェロ

【第1次予選】
A.ピアッティ 12のカプリスOp.25より 第4番 または 第12番(繰返しなし)

【第2次予選】
以下のうち任意の1曲(全て繰返しなし)
J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第4番 変ホ長調 BWV1010より サラバンド、ブーレ、ジーグ
J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011より サラバンド、ガヴォット、ジーグ
J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第6番 ニ長調 BWV1012より サラバンド、ガヴォット、ジーグ

G.フレスコバルディ=カサド トッカータ
D.ポッパー 妖精の踊り

【本選】
以下のうち任意の1曲
R.シューマン チェロ協奏曲 イ短調 Op.129
P.I.チャイコフスキー ロココ風の主題による変奏曲 Op.33(Fitzenhagen版)
E.ラロ チェロ協奏曲 ニ短調
D.ショスタコーヴィチ チェロ協奏曲第1番 変ホ長調 Op.107



コントラバス

【第1次予選】
H.フリーバー 無伴奏コントラバスのための古い様式による組曲より プレリュード、ジーグ

【第2次予選】
J.B.ヴァンハル コントラバス協奏曲 ニ長調より 第1楽章(カデンツァ:グリューバー版)
R.グリエール タランテラ

【本選】
以下のうち任意の1曲
G.ボッテジーニ コントラバス協奏曲第2番 ロ短調
S.クーセヴィツキー コントラバス協奏曲 嬰へ短調




木管部門
木管部門の第1次・第2次予選は暗譜を必要としない。
を全て記載順に演奏すること

フルート

【第1次予選】
F.クーラウ 3つのファンタジー Op.38 第1番より アリエッテ(con variazioni)

【第2次予選】
F.シューベルト 萎める花の主題による序奏と変奏曲 Op.160
※第2、第4変奏曲は省き、全ての繰返しなし

【本選】
以下のうち任意の1曲
W.A.モーツァルト フルート協奏曲第2番 ニ長調 K.314
C.ニールセン フルート協奏曲



オーボエ

【第1次予選】
B.ブリテン オヴィディウスによる6つの変容より 第6曲アレトゥーザ
G.Ph.テレマン ファンタジアより 第2番 第3楽章、第4楽章(繰返しなし)

【第2次予選】
以下のうち任意の1曲
A.パスクッリ ラ・ファヴォリータ
篠原 真 オブセッション
L.ベリオ セクエンツァVII
J.W.カリヴォダ サロンの小品 Op.228
H.デュティユー オーボエ・ソナタ
A.ドラティ CINQ PIECES(5つの小品)
A.ポンキエッリ カプリッチョ
A.ジョリヴェ セレナーデ

G.Ph.テレマン ファンタジアより 第2番を除く任意の1曲(繰返しは任意)

【本選】
以下のうち任意の1曲
W.A.モーツァルト オーボエ協奏曲 ハ長調 (カデンツァは任意のもの)
R.シュトラウス オーボエ協奏曲 ニ長調



クラリネット

【第1次予選】
C.M.v.ウェーバー クラリネット協奏曲第1番より 第1楽章(カデンツァ:ベールマン版)(Breitkopf版)

【第2次予選】
B.マルティヌー ソナチネ

以下のうち任意の1曲
E.ショーソン アンダンテとアレグロ
E.ボザ ブコリック
C.ライネッケ 序奏とアレグロ・アパッショナート
W.ルトスワフスキ ダンス・プレリュード
J.ホロヴィッツ ソナチネ
R.ムチンスキ タイム・ピース

【本選】
L.シュポア クラリネット協奏曲第4番(Breitkopf版)



ファゴット

【第1次予選】
A.タンスマン バッソンとピアノのためのソナチネより 第1楽章アレグロ・コン・モート(繰返しなし)、第2楽章アリア、ラルゴ・カンタービレ(Max Eschig版)

【第2次予選】
A.ヴィヴァルディ チェロと通奏低音のためのソナタ集より 第6番 RV46
第1楽章ラルゴ、第4楽章アレグロ(前後半とも繰返しあり)
※鍵盤右手、ファゴット声部の装飾等任意による
J.W.カリヴォダ ファゴットとクラヴィアのためのサロンの小品 Op.230(Accolade Musikverlag版)

【本選】
G.ロッシーニ ファゴット協奏曲(Hofmeister版)


木管部門の第1次・第2次予選は暗譜を必要としない。



提出書類等チェックリスト

(1)申込書 申込書は両面あります。裏面の部門、楽器、氏名を含めて全ての項目を記載しましたか。
写真は貼付しましたか(直近3ヶ月以内に撮影したもの。裏面に部門、氏名を記入)。
伴奏者は記載しましたか(未定は不可)。
作曲者、曲名等(ピアノ部門のみ第2次予選の時代区分含む)は正確に記載しましたか。
本選で演奏する曲について、使用する楽譜の版を正確に記載しましたか。
(2)身分証明書 パスポートのコピーもしくは氏名、生年月日が記載された公的書類のコピーを同封しましたか。
(3)返信用封筒
※日本国内在住者のみ
長形3号の封筒(A4の三つ折りが入る大きさ)に切手を貼りましたか。
封筒に自分の住所、氏名、部門、楽器を明記しましたか。
(4)送付用封筒 送付する封筒に氏名、部門、楽器を明記しましたか。


      
申込書のダウンロード

PDF版


● お問合せ先(問合せ時間は平日10:00~17:00)
 東京文化会館 事業企画課「東京音楽コンクール」係
 〒110-8716 台東区上野公園5-45
 TEL 03(3828)2111 FAX 03(3828)1601



HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.