東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
東京音楽コンクール
  • 入賞者リスト
  • 第14回音楽コンクール
  • 第13回音楽コンクール

東京音楽コンクール応募要項


部門・日程・応募資格 審査員
審査方法等 応募の流れ
表彰・入賞者支援等 課題曲(ピアノ部門)
課題曲(金管部門) 課題曲(声楽部門)
申込書のダウンロード(PDF)


東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、読売新聞社、花王株式会社、東京都の四者が主催し、芸術家としての自立を目指す可能性に富んだ新人音楽家を発掘し、育成・支援を行うことを目的としてこのコンクールを実施します。

主催:東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)/読売新聞社/花王株式会社/東京都
協賛:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社/有馬温泉 有馬グランドホテル/株式会社コンサートサービス/サントリーホールディングス株式会社/東京地下鉄株式会社/三井住友海上火災保険株式会社/森平舞台機構株式會社
助成:公益財団法人江副記念財団/平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
東京文化会館ザ・イヤーパートナー:上野精養軒
制作協力:公益財団法人ジェスク音楽文化振興会
協力:新日本フィルハーモニー交響楽団/東京交響楽団/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団/東京都交響楽団/東京フィルハーモニー交響楽団/日本フィルハーモニー交響楽団/読売日本交響楽団/東京オーケストラ事業協同組合

2016年4月18日(月)~4月27日(水)(必着・送付受付のみ)※定員制・先着順



部門・日程・応募資格

部門 ピアノ 金管 声楽
楽器・声部 ピアノ ホルン
トランペット
トロンボーン
テューバ
ソプラノ
メゾ・ソプラノ  
アルト
カウンターテナー
テノール
バリトン
バス
応募資格
※年齢は2016年5月31日現在
~31歳 16歳~30歳 20歳~35歳
国籍・居住地不問
定員 約120人 約180人 約80人
応募多数の場合は、先着順とします。
(この件についてのお問合せには一切お答えできません。)
第1次予選
〔非公開〕
7月4日(月)
7月5日(火)
7月6日(水)
6月28日(火)
6月29日(水)
6月30日(木)
7月1日(金)
7月2日(土)
第2次予選
〔公開〕
8月22日(月) 8月20日(土) 8月18日(木)
本選
〔公開〕
8月28日(日)
渡邊一正 指揮
東京フィルハーモニー交響楽団
※リハーサル:8月27日(土)
8月25日(木)
梅田俊明 指揮
新日本フィルハーモニー交響楽団
※リハーサル:8月24日(水)
8月23日(火)
鈴木織衛 指揮
日本フィルハーモニー交響楽団
※ピアノプローベ:8月20日(土)
リハーサル:8月22日(月)

参加費¥30,000(第1次予選・第2次予選・本選を含む) ※申込受理者のみ
会場東京文化会館
第1次・2次予選:小ホール 本選及び表彰式:大ホール
東京都台東区上野公園5-45(JR上野駅「公園口」前)



審査員
◎…部門審査員長
ピアノ部門 青柳晋/田部京子/寺田悦子/仲道郁代/野平一郎◎/若林顕/クシシュトフ・ヤブウォンスキ(ピアニスト、フレデリック・ショパン音楽大学教授)
金管部門 小田桐寛之/垣本昌芳/栗田雅勝/佐藤潔/津堅直弘◎/栃本浩規/松崎裕/ヨウコ・ハルヤンネ(フィンランド放送交響楽団ソロ首席奏者)
声楽部門 市原多朗/伊原直子/大倉由紀枝/大島幾雄◎/久保田真澄/小林一男/砂川涼子/彌勒忠史/山下牧子/ヴィンチェンツォ・デ・ヴィーヴォ(サン・カルロ劇場前芸術監督)
部門共通 国塩哲紀(東京都交響楽団芸術主幹)/三枝成彰(作曲家、音楽プロデューサー)
コンクール顧問 堤剛(チェリスト、サントリーホール館長)/ヤン・ウィレム・ロート(フランス国立管弦楽団元芸術監督、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団元ディレクター等)
東京音楽コンクール総合審査員長 小林研一郎(指揮者、東京文化会館音楽監督)



審査方法等

  1   第1次予選(非公開審査)
 (1) 部門ごとに指定された課題曲の演奏を審査します。(課題曲を参照のこと)
(2) 途中で演奏を打ち切る場合があります。
(3) 結果については、審査終了後、会場に掲示し、ホームページに掲載します。
(4) 第13回声楽部門および第12回ピアノ部門、金管部門の第2位、第3位入賞者で、今回同一部門に応募する方は、第1次予選を免除します。

  2   第2次予選(公開審査)
 (1) 部門ごとに指定された課題曲の演奏を審査します。(課題曲を参照のこと)
(2) 途中で演奏を打ち切る場合があります。
(3) 結果については、審査終了後、会場に掲示し、ホームページに掲載します。

  3   本選(公開審査)
 (1) 部門ごとに指定された課題曲の演奏を審査します。(課題曲を参照のこと)
(2) 結果については、審査終了後、会場にて発表し、表彰式を行います。

  4   その他(演奏等について)
 (1) 第1次予選は、東京文化会館小ホールにおいて、独奏またはピアノ伴奏にて非公開で審査します。
(2) 第2次予選は、東京文化会館小ホールにおいて、独奏またはピアノ伴奏にて公開で審査します。
(3) 本選は、東京文化会館大ホールにおいて、オーケストラ伴奏にて公開で審査します。
(4) 過去の「東京音楽コンクール」第1位入賞者は、同一部門での再応募はできません。
(5) 申込書提出後に演奏曲目は変更できません。演奏順は指示がある場合を除き、応募要項の記載順としてください。
(6) 演奏は、指定がある場合を除いて、全て暗譜とします。
(7) 第1次予選及び第2次予選の伴奏は、指定がある場合を除いてピアノに限ります。
(8) 伴奏者、譜めくり等が必要な場合は応募者が手配し、費用は応募者負担とします。※海外在住者については「応募の流れ」6(6)を参照のこと。
(9) 伴奏者は原則として変更できません。
(10) ピアノの内部奏法はできません。
(11) 本選は各部門とも前日にリハーサル、当日にゲネプロを行います。なお、声楽部門は8月20日(土)にピアノプローベを行います。



応募の流れ

書類準備
応募
受理・不受理
参加費振込
申し込み完了


  1   提出書類
 (1) 申込書(第14回東京音楽コンクール所定用紙)
◆申込書のダウンロードはこちら
記載に不備のある場合は、受理しないことがあります。提出前によく確認してください。
演奏曲目については、本選までの曲目をすべて記入してください。
申込書の様式に準拠している場合は、パソコン等での入力も可とします。
(2) 身分証明書
パスポートのコピーもしくは氏名、生年月日が記載された公的書類(住民票、保険証、運転免許証等。学生証は不可)のコピー
(3) 返信用封筒(受理・不受理の通知送付用) ※日本国内在住者のみ
返信用封筒(長形3号封筒120×235mm)に82円切手を貼付し、住所、氏名、部門名、楽器・声種を明記してください。
(4) 楽譜 ※声楽部門のみ
声楽部門に応募する方は、第1次予選で演奏する曲目の楽譜を提出してください。なお、楽譜には曲名が分かるように記入してください。

提出された書類は返却いたしません。
提出書類等の送付中の紛失については、責任を負いません。提出書類のコピーを取って保管してください。
送付する封筒には、氏名、部門名、楽器・声種を明記してください。

送付先
〒110-8716 東京都台東区上野公園5-45
東京文化会館事業企画課「東京音楽コンクール」係

  2   応募
2016年4月18日(月)~4月27日(水)(必着・送付受付のみ)
 (1) 提出書類等を、上記送付先まで書留郵便または宅配便など、配達の証明が可能な手段にて提出してください。持ち込みによる受付はいたしません。
(2) 第1次予選免除対象者も上記の期間に応募してください。
(3) 海外在住者は、応募受付期間内に申込書をコンクール事務局にFAXした上で、10日以内に届くよう送付してください。FAX到着後10日以内に原本が届かない場合は受け付けないことがあります。税関検査等で期間内に届かない場合があるため、余裕を持って申し込んでください。

  3   受理・不受理の通知
  5月23日頃を目途に、返信用封筒にて、受理・不受理の通知および参加費納入のお知らせ(受理した方のみ)をお送りします。

  4   参加費
  30,000円(第1次予選・第2次予選・本選を含む)
申込みを受理した方にお送りするご案内に従って、納入期間内に銀行振込により納入してください。
納入期限 2016年5月20日(金)~27日(金)厳守 (期間外の振込は受け付けません)

  5   定員
  部門ごとに定員があります。先着順で、定員に達し次第、受付を締め切ります。受付を締め切った場合は、ホームページでご案内します。この件に関する電話等でのお問い合わせには一切お答えできません。

  6   その他
 (1) 本コンクールの録音・録画権、放送権、頒布権等は、すべて主催者に帰属します。
(2) 申込書に記載された個人情報は、「第14回東京音楽コンクール」の実施及び審査を目的として利用するものであり、無断で他の目的に使用したり、第三者に提供・開示することはありません。
(3) 第1次予選及び第2次予選の順位、審査内容についてのお問合せには、一切お答えできません。
(4) 第1次予選の審査日時については、ご希望には沿えません。指定された日時にお越しください。
(5) コンクール参加にかかる旅費及び滞在費については、参加者負担とします。
(6) 海外在住者で伴奏者手配及び練習室の提供を希望する場合は、6月10日までにお問合せください。
(7) 申し込み後に参加を辞退する場合は、必ず事務局までご連絡ください。


表彰・入賞者支援等

  1   表彰
  本選審査により、部門ごとに、原則として第1位、第2位、第3位を入賞者とし、賞状及び下記の賞金を贈ります。その他の本選出場者については、入選者とし、賞状を贈ります。
また、各部門の本選で聴衆による投票を行い、最も多い票を得た出場者に対し、聴衆賞を贈ります。

第1位 100万円  第2位 60万円  第3位 40万円

複数の入賞者が同位にある場合には、当該順位及びその次順位の賞金の合計額を等分にして授与します。

  2   入賞者支援等
 (1) 東京文化会館主催事業等への出演
1. 第1位及び最高位入賞者は、2017年1月9日(月・祝)に東京文化会館他が主催する「優勝者&最高位入賞者コンサート」(会場:東京文化会館大ホール)において、園田隆一郎指揮、読売日本交響楽団と共演していただきます。リハーサルは同年1月8日(日)に行います。
2. 東京文化会館が主催または共催するコンサートやオペラ等の出演者候補とします。
3. 都内区市町村が主催する「フレッシュ名曲コンサート」の出演者候補として、関係者に推薦します。
 (2) リサイタル支援
コンクール実施の翌年度以降、5年の間に入賞者が単独でリサイタルを行う場合、1回に限り東京文化会館が共催し、小ホールを半額で提供し(附属設備等使用料は除く)、広報・宣伝協力を行い支援します。(申請に基づき、入賞後の活動状況を審査し、選考された者に対し支援します。)
 (3) 入賞者の紹介
1. 「第14回東京音楽コンクール アーティストリスト」へ掲載し、音楽事務所、マスコミ等に配布します。
2. 東京文化会館ホームページ「東京音楽コンクール入賞者リスト」にプロフィールや今後の活動予定を掲載します。
 (4) 関係コンサート等への出演紹介
公益財団法人東京都歴史文化財団が管理運営する他の施設が主催するコンサート等へ出演者候補として紹介します。
 (5) 東京都交響楽団事業への出演
東京都交響楽団が主催または出演する「音楽鑑賞教室」等への出演者候補として推薦します。




第14回東京音楽コンクール課題曲


ピアノ部門
を全て記載順に演奏すること

【第1次予選】
ベートーヴェンのソナタより任意の1曲(楽章は当日指定する。繰り返しはなしとする。)
ショパンのエチュードOp.10又はOp.25より任意の1曲(ただしOp.10-3、Op.10-6、Op.25-7は除く。)
*演奏はカットする場合がある


【第2次予選】
以下のうち複数の時代を選び、30~35分のプログラムを構成すること。作品の時代区分は、各々の見識で判断すること。
・バロックの作品
・古典派の作品
・ロマン派の作品
・近現代の作品
*第1次予選で演奏する曲と重複してはならない
*「曲名」の欄に、その作品の時代区分を記入すること。


【本選】
以下のうち任意の1曲
W.A.モーツァルト ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466
W.A.モーツァルト ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
W.A.モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
W.A.モーツァルト ピアノ協奏曲第26番 ニ長調「戴冠式」K.537
W.A.モーツァルト ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595
L.v.ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37
L.v.ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op.58
L.v.ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調「皇帝」 Op.73
F.ショパン ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11
F.ショパン ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op.21
R.シューマン ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54
F.リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
C.サン=サーンス ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.22
C.サン=サーンス ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 Op.44
P.I.チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23
E.グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16
S.ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18
S.ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op.30
S.ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43
M.ラヴェル ピアノ協奏曲 ト長調
B.バルトーク ピアノ協奏曲第2番
B.バルトーク ピアノ協奏曲第3番
S.プロコフィエフ ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.16
S.プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26



金管部門
を全て記載順に演奏すること

ホルン

【第1次予選】
W.A.モーツァルト ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 K.417より 第1楽章
*前奏はカットすること

【第2次予選】
G.ロッシーニ 前奏曲、主題と変奏〔International Music Company版〕
E.ボザ 森にて Op.40


【本選】
R.グリエール ホルン協奏曲 変ロ長調 Op.91



トランペット

【第1次予選】
J.ハイドン トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.VIIe:1より 第1楽章
*32小節目から163小節目の1拍目までを演奏すること
*B♭管を使用すること

【第2次予選】
G.P.テレマン トランペット協奏曲 ニ長調 TWV51:D7より 第1楽章
G.エネスコ レジェンド


【本選】
H.トマジ トランペット協奏曲〔Alphonse Leduc版〕



トロンボーン

【第1次予選】
F.ダヴィド コンチェルティーノ 変ホ長調 Op.4より 第1楽章〔Zimmermann版〕
*Aの4小節前からDの頭までを演奏すること


【第2次予選】
J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲(adaptées au Trombone Ténor par André LAFOSSE)より 第1番 Courante〔Alphonse Leduc版〕

以下のうち任意の1曲
J.G.ロパルツ トロンボーンとピアノのための小品
F.マルタン バラード

【本選】
H.トマジ トロンボーン協奏曲〔Alphonse Leduc版〕



テューバ

【第1次予選】
T.スティーヴンス 『古風な様式による変奏曲』より V:Variation4の終わりまで
(VIには入らず、ピアノは114小節目の1拍目の音を伸ばす。)〔Bim版〕

【第2次予選】
以下のうち任意の1曲
M.エレビー テューバ協奏曲〔Maecenas Music版〕
T.マドセン テューバとピアノのためのソナタ Op. 34〔Musikk-Huset版〕

【本選】
R.V.ウィリアムズ バス・テューバと管弦楽のための協奏曲〔Oxford University Press版〕




声楽部門

【第1次予選】
歌曲とアリア各1曲を、8分以内のプログラムで構成すること。

【第2次予選】
歌曲とアリアを各1曲以上、約15分のプログラムを構成すること。曲数は任意とする。

【本選】
アリアまたはアリア以外で、オーケストラ伴奏による約15~20分のプログラムを構成すること。曲数は任意とする。

共通事項
アリアは、オペラ・アリア、オラトリオ・アリア、コンサート・アリアのいずれも可。
第1次予選、第2次予選及び本選で演奏する楽曲はすべて重複しないこと。
アリアは原調とすること。ただし、慣例として移調が認められる場合もあるので、原調でない時は問い合わせること。
歌詞は原語とする。不明な場合は問い合わせること。
【原語例】
・A.ドヴォルザーク:オペラ『ルサルカ』/チェコ語
・G.ドニゼッティ:オペラ『連隊の娘』/フランス語
・P.I.チャイコフスキー:オペラ『オルレアンの少女』/ロシア語
申込書の曲名欄に、作品名(原語及び日本語訳)を記入すること。
アリアについては、歌い出し部分の歌詞を記入すること。記入については、「申込書記入例」(応募要項PDF)を参照のこと。

第1次予選/第2次予選
演奏順は原則として申込書の記載順とするが、変更の希望がある場合は、予選当日、受付時に申し出ること。

本選
アリア以外の曲は、オリジナルがオーケストラ編成の作品に限る。
(オーケストラ用に編曲されたもの、歌譜とオーケストラ譜の調性が異なるもの、オーケストラ譜の入手が著しく困難なものは不可。ただし、作曲者本人が編曲したものは可。)



提出書類等チェックリスト

(1)申込書 写真は貼付しましたか(直近3ヶ月以内に撮影したもの。裏面に部門名、氏名を記入)。
伴奏者は記載しましたか(未定は不可)。
作曲者、曲名等(声楽部門のみ曲目の欧文表記とアリアの歌い出し含む)は正確に記載しましたか。
本選で演奏する全ての曲について、使用する楽譜の版を正確に記載しましたか。
(2)身分証明書 パスポートのコピーもしくは氏名、生年月日が記載された公的書類のコピーを同封しましたか。
(3)楽譜
※声楽部門のみ
声楽部門に応募する方は、第1次予選の曲目の楽譜を同封しましたか。
(4)返信用封筒
※日本国内在住者のみ
長形3号の封筒(A4の三つ折りが入る大きさ)に切手を貼りましたか。
封筒に自分の住所、氏名、部門、楽器・声種を明記しましたか。
(5)送付用封筒 送付する封筒に氏名、部門名、楽器・声種を明記しましたか。


      
申込書のダウンロード

PDF版


● お問合せ先(問合せ時間は平日10:00~17:00)
 東京文化会館 事業企画課「東京音楽コンクール」係
 〒110-8716 台東区上野公園5-45
 TEL 03(3828)2111 FAX 03(3828)1601



HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.