東京文化会館
文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大
来場者の皆様へ 主催者の皆様へ
学校の先生へ よくある質問 お問合せ サイトマップ ENGLISH
主催公演 主催公演レンダー 共催公演

プラチナ・シリーズ第2回 御喜美江&大田智美 ~クラシック・アコーディオン 知られざる深遠な世界~

「奇跡の音響」と称される小ホールで贅沢なひと時を。一流アーティストによる珠玉のコンサートをお楽しみください。
日時    2017年10月6日(金)19:00開演(18:30開場)
会場    東京文化会館 小ホール
出演    アコーディオン:御喜美江
アコーディオン:大田智美
御喜美江大田智美
曲目    林光(野田雅巳編曲):裸の島
J.S.バッハ(御喜美江編曲):幻想曲とフーガ ト短調 BWV542
E.グリーグ(内田祥子編曲):ホルベルク組曲 op.40
A.クシャノフスキー:エコー
A.ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 op.72-2/スラヴ舞曲 op.46-8
K.H.シュトックハウゼン:TIERKREIS(黄道十二宮)より
A.ピアソラ:オブリヴィオン(忘却)/エスクアロ(鮫)

公演によせて

「アコーディオンは、まるで小さなオーケストラですね」とよく言われる。たしかに鍵盤やボタンの音数に蛇腹のダイナミクスを加えると、シンフォニック的な雰囲気が醸し出される。今回は2台のアコーディオンによるプログラムだが、それは「小さなオーケストラ」を脱皮して「フルオーケストラ」を目指しているわけではなく、アコーディオンの持つ軽やかな繊細さ、浮遊するリズム、熱い歌心、そしてオルガンのような重厚感など、他のソロ楽器とは一味違ったキャラクターを最大限に表現したいからである。
ホルベルク組曲と同じ時代に誕生したアコーディオンは、そのスタイルを様々に変容しながら、東欧、北欧、ドイツを経てアルゼンチンにまで渡る。今回のプログラムでは、そのような「旅」もひとつのテーマにしてみた。はるか地平線の彼方から聞こえてくる音たちが、蛇腹の風に乗って皆さまの心に届くことを願いながら演奏します!

2017.2.22. デュッセルドルフにて 御喜美江

ラインナップ

チケット情報
料金(税込) 5公演セット券:S席22,500円 A席18,000円 販売終了
1回券:S席5,000円 A席4,000円 B席2,500円
※セット券は東京文化会館チケットサービスの窓口・電話のみ取扱(Webでの販売はございません)
※B席は東京文化会館チケットサービスのみ取扱
発売日 5公演セット券:2月18日(土)~3月4日(土)期間限定販売
1回券:3月11日(土)発売
お申込み 東京文化会館チケットサービス【窓口・電話・Web】
03-5685-0650(オペレーター対応10:00〜19:00)
※セット券は窓口・電話のみ取扱(Webでの販売はございません)
チケットぴあ【電話・Web・店頭】(Pコード:325-160)(1回券のみ) 
0570-02-9999(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスの店頭で購入可 ※詳しくはこちら
イープラス【Web・店頭】 (1回券のみ)
ファミリーマート店頭のFamiポートで購入可 ※詳しくはこちら
ローソンチケット【電話・Web・店頭】(Lコード:31472)(1回券のみ) 
0570-000-407(オペレーター対応10:00~20:00)
0570-084-003(音声自動対応24時間受付) ※詳しくはこちら
ローソンとミニストップ店頭のLoppiで購入可 ※詳しくはこちら

プロフィール
御喜美江(アコーディオン) Mie Miki, Accordion

16歳でドイツへ単身留学。1973・74年、クリンゲンタール国際アコーディオン・コンクール優勝。これまでに岩城宏之指揮・札幌交響楽団、C.デュトワ指揮・NHK交響楽団、小澤征爾指揮・サイトウ・キネン・オーケストラ等と共演。80年代より自主企画リサイタル「御喜美江アコーディオン・ワークス」を開催。高橋悠治、吉松隆、細川俊夫など現代を代表する作曲家達が御喜のために新作を多数作曲し、その数は60作品を超えている。現在、フォルクヴァンク芸術大学(ドイツ)副学長、新疆音楽大学(中国)名誉教授。CDは「グリーグ:叙情小曲集」(BIS/キング・インターナショナル)、「アコーディオン・バッハ」(ナクソス・ジャパン)など多数。最新盤は2017年3月発売の「J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集より」(BIS/キング・インターナショナル)。
大田智美(アコーディオン) Tomomi Ota, Accordion

6歳でアコーディオンを始め、10歳から江森登氏に師事。国立音楽大学附属音楽高等学校ピアノ科卒業後、渡独。デトモルト音楽大学アコーディオン教育学科、フォルクヴァンク芸術大学芸術家コースを経て、2009年2月同大学ソリストコースを首席で卒業、ドイツ国家演奏家資格(Konzertexamen)を取得。御喜美江氏に師事。またウィーン私立音楽大学でも研鑽を積む。2009年夏に帰国後は、ソロや室内楽、新曲初演、オーケストラとの共演等、国内外各地で演奏活動を行う傍ら、音楽大学でのワークショップ講師等、特にクラシックや現代音楽の分野でのアコーディオンの普及に尽力し、この楽器の魅力と可能性を発信し続けている。

関連公演

都合により内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。
未就学児の入場はご遠慮ください。
お問い合わせ    東京文化会館 事業企画課 03-3828-2111(代表)
主催    東京都/東京文化会館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)




HOME リンク集 サイトマップ サイトのご利用にあたって
Copyright (c) Tokyo Bunka Kaikan All Rights reserved.