音脈 Vol.65|東京文化会館公演情報 2017年1月~3月
3/24

3音脈2017 WINTER特集・出演者インタビューP10参照公 演 情 報©Kurt Van der Elstある作品である。 この点に関してカシアス氏は、川端の他の作品をそれほど多くは知らないが「眠れる美女」は、言葉で直接言わなくてもあるものを表現しているというところが本当に特殊で、目に見えない自分の心だけで感じられるものを何かの形で作品にしたい、自分の手で別の形にして人に見せたいという、芸術家に何かを作らせるような衝動を起こさせる。これは物書きだけではなく、音楽を作る人間にとっては言葉と言葉の間にあるものを音楽にすることができるし、振り付け師はダンスという形で表現できる。そのような特殊性を持っている作品だと述べた。 オペラの創作過程において特に言葉を重視するデフォート氏は、川端作品は行間にたくさん伝えるべき事があるので、とても創作意欲のわく作品だったという。このオペラの中では川端の小説の表現をそのままセリフにしているが、言葉と言葉の間にある、小説には表現されていない部分については層を作ってそれを埋めていった。たとえば、とても心地よい明るく幸せな感じのする音楽だとしても、その下にはもっと暗い気持ちが隠されていたりする。その層が分かるように、なぜここにこの音楽があるのか、聴いている側がさらに考えられるように、層を埋めていったそうだ。二人からのメッセージ 川端の作品をそのまま作品にしたというよりは、川端の作品をもっと素晴らしい作品として人々に理解してもらえるように作り上げたつもりだ。今までは発表の場がヨーロッパだったが、今度は日本において日本の出演者たちと作り上げることになる。どのように日本の観客に伝わるかで自分たちの作品の真の結果が出るのではないかと思っている。楽しみにしていてほしい、とのことだった。成する。自分たちが作っているものは、肌の下に入ってくる作品、体の中に染み込んでくる作品であり、川端の「眠れる美女」こそ相応しいと感じたそうだ。 日本人作家の作品には言葉と言葉の間に非常に多くのものが存在し、特に川端の場合それが強く感じられ、それらをどのように表現するかが興味の対象であり挑戦だったという二人の発言に、筆者は惹きつけられた。日本語で言うところの“行間”を読み、そこに川端作品の魅力を感じ取っていた。彼らが歌やダンスなどセリフではない要素を取り入れることは、読み取った行間を小説に近い形で表現するための手段なのである。「眠れる美女」のテーマ 小説「眠れる美女」は非常に退廃的な設定であるがゆえに男性目線の作品として批判の対象となる一面を有しているが、二人は小説のテーマをどのように捉えているのか。デフォート氏は、男の目線から書かれた小説であることを認めた上で、年老いていく男性の性欲を繊細に描いており、捉え方によっては嫌らしくなるテーマを、眠っているだけの娘を目の前にして非常に優しく甘く描き、五感を使ってイマジネーションを膨らませ、主人公にとって女性がいかに重要だったかということが表現されていて興味深い作品だと語った。 小説「眠れる美女」においてセクシャリティの問題は非常に重要であり、たとえば登場する女性たちを処女性・娼婦性・母性と描き分けながら、生と死の問題に深く切り込んでいく。この点についてカシアス氏は、愛と性と死が繋がりをもって描かれており、美しいものと美しくないものとの線引きが難しい微妙なところまで小説には描かれている。さらに、身の回りの小さなものが自然に繋がって、宇宙の中の何かの一つになっているような、大きなものへと発展していくような感じを持ったそうだ。デフォート氏は、処女と娼婦、母親というギリシャ神話に出てくる大事な要素を取り入れて書いていることに感心し、とても人間的な要素を持った小説だと感じたという。 小説の結末については、デフォート氏は、娘の生死を心配しているのに宿の女に次の娘を勧められ老人はひどく嘆き悲しんでいる状況であり、そのような辛い思いをしながら漸く天国に召され救われていく老人の死を連想したそうだ。それがとても人間的でメランコリックでもあり、単なるファンタジーではない、深い人間性に根差した小説だと述べた。一方、カシアス氏は、この物語は結末を待たずに終わっており、川端は読者に対して罪悪感など自身が持っているかもしれない問題を投げかけ、自分であとの物語を作っていくように仕向けているのではないか、それが偉大な小説である証拠だと語った。「眠れる美女」の表現―見えないものを見せる 「眠れる美女」は、前述したとおり海外の様々な分野の芸術家たちに影響を与えている、川端作品の中でも特異な位置に※本インタビューは、文部科学省科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究C 平成26年度~平成28年度、課題番号26370173)による調査の一部である。 オペラ「眠れる美女 ~House of the Sleeping Beauties~」

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です