音脈 Vol.62|東京文化会館公演情報 2016年4月~6月
20/24

音脈2016 SPRING20開 室 時 間音楽資料室ご案内休 室 日*コピーサービスを除き、料金は必要ありません。火曜〜土曜13時〜20時 (コピー受付 18時30分まで)日曜・祝日13時〜17時 (コピー受付 16時まで)*開室時間は変更になる場合があります。ホームページや電話でご確認ください。東京文化会館4Fには、音楽資料室があります。楽譜、CD・LP、映像、図書など、クラシック音楽を中心とした資料の閲覧・視聴ができます。初回は、お名前、住所を確認できるものをお持ちください。電話での資料に関するご質問にもお答えしております。 (電話受付時間:祝日を除く開室日の火〜土曜 9〜17時)インターネットでも所蔵資料を検索することができます。(http://t-bunka.opac.jp/)・ 毎週月曜・ 保守日等(3月22-23・29-30日、4月19-20日、5月10-11日)*4月以降の休室日は変更になる場合があります。詳しくは、ホームページのカレンダーや電話等でご確認ください。URL http://www.t-bunka.jp/library/TEL 03-3828-2111(代表)受 付閲覧・視聴資料の検索今回は、音楽資料室のご利用方法を「受付」「資料の検索」「閲覧・視聴」の三つに分けてご紹介いたします。写真から室内の雰囲気を少しでも感じていただけましたら幸いです。「東京文化会館の中に資料室があるなんて知らなかった」「存在は知っていたけれど、まだ利用したことがない」という音脈読者のみなさま、この春はぜひ音楽資料室に足をお運びください。まずはカウンターで利用手続きをお願いします。はじめて利用される方は、お名前とご住所の確認できるもの(運転免許証、健康保険証など)をお持ちください。2年間有効の入室証を発行します。受付の後、資料請求に必要な利用票をお渡しします。LP、CD、映像資料(DVD、LD、VHD)を視聴される場合は席札をお渡ししますので、所定のお席をご利用ください。開架の図書や雑誌は、ご自由に手に取ってご覧いただけます。ご利用が終わりましたら、カウンターに資料を返却してください。館外への貸出は行っておりませんので、ご了承ください。資料の多くは書庫に保管されています。室内の検索用端末やカード目録で、利用したい資料をお調べください。タイトル、作曲者名、演奏者名などから検索することができます。利用したい資料が決まりましたら、請求記号を利用票に記入してカウンターへお持ちください。職員が書庫から資料をお出しします。音楽資料室で所蔵している資料はすべて、実際に手に取ってご覧いただくことができます。目的の資料がみつからない、機器の操作方法がわからないなど、ご不明な点はカウンターの職員におたずねください。また、所蔵資料は一部を除きインターネットからも検索できますので、来室前の下調べにもお役立てください。みなさまのご利用をお待ちしています。音楽資料室蔵書検索画面閲覧室MUSIC LIBRARY音楽資料室は、昭和36年10月に開設された音楽専門の図書館です。クラシック音楽を中心として、民族音楽や邦楽、舞踊に関する資料(図書、楽譜、CD・LP、映像など)を所蔵しており、どなたでも無料で閲覧・視聴ができます。コンサートの前やお仕事帰りなど、気軽にお立ち寄りください。※音楽資料室は東京文化会館4階にあります。ご来室の際は、エントランスロビー奥のエレベーターをご利用ください。123at the LIBRARYat the LIBRARYat the LIBRARY

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 20

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です