音脈 Vol.57|東京文化会館公演情報 2015年1月~3月
5/24

5音脈2015 WINTER 特集・出演者インタビュー料    金:指定2,000円 ※各種割引ありチケット取扱:主     催:東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)/読売新聞社/花王株式会社/東京都協    賛:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社/有馬温泉 有馬グランドホテル/株式会社コンサートサービス/サントリーホールディングス株式会社/東京ガス株式会社/東京地下鉄株式会社/三井住友海上火災保険株式会社/森平舞台機構株式會社東京文化会館ザ・イヤーパートナー: 上野精養軒協     力:新日本フィルハーモニー交響楽団/東京交響楽団/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団/東京都交響楽団/東京フィルハーモニー交響楽団/日本フィルハーモニー交響楽団/読売日本交響楽団/東京オーケストラ事業協同組合第12回東京音楽コンクール 優勝者コンサート第12回東京音楽コンクール審査結果第13回東京音楽コンクールのご案内開催部門:弦楽(コントラバスを新設)、木管、声楽※第13回より3部門での開催とします。ピアノ、弦楽、声楽部門はそれぞれ 3年に2回開催、木管、金管部門はこれまでどおり隔年開催とします。※第14回はピアノ部門、金管部門(テューバを新設)、声楽部門を開催します。日程(予定):応募受付:平成27年5月上旬第1次予選:6月29日~7月8日(各部門2~3日)第2次予選:8月21・22・24日(各部門1日)本選:8月26・28・30日(各部門1日)会  場:第1次・第2次予選:小ホール本選:大ホール※予備審査(音源審査)を廃止し、全て演奏審査とします。  詳細はホームページをご覧ください。平成27年1月12日(月・祝) 14:00開演(13:20開場)出 演ピアノ:梅田智也 *ピアノ部門第1位及び聴衆賞ヴァイオリン:坪井夏美 *弦楽部門第1位及び聴衆賞バリトン:岡 昭宏 *声楽部門第1位及び聴衆賞指揮:円光寺雅彦管弦楽:読売日本交響楽団 司会:朝岡 聡曲 目スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 op.54グノー:歌劇「ファウスト」より “門出を前に”プッチーニ:歌劇「エドガール」より “この愛を、この恥を”ヴェルディ:歌劇「ドン・カルロ」より “終わりの日は来た”information!大ホール円光寺雅彦朝岡 聡©三浦興一©青柳 聡ピアノ部門弦楽部門金管部門声楽部門第1位梅田智也坪井夏美(ヴァイオリン)該当者なし岡 昭宏(バリトン)第2位佐藤元洋笹沼 樹(チェロ)東川暁洋(トロンボーン)盛田麻央(ソプラノ)第3位本山乃弘吉江美桜(ヴァイオリン)守岡未央(トランペット)相田麻純(メゾソプラノ)入 選蓑田莉奈高宮城 凌(ヴァイオリン)青木宏朗(ホルン) 小川 敦(ホルン)清水勇磨(バリトン)聴衆賞梅田智也坪井夏美(ヴァイオリン)守岡未央(トランペット)岡 昭宏(バリトン)ー声楽を始めたきっかけ、音楽家の道を歩もうと思ったきっかけを教えてください。 両親が声楽をやっていて、身近に音楽がありました。歌は好きでしたし、幼稚園ぐらいのときに観た『カルメン』は、心の中に強烈に残っています。高校3年の終わりに、受験で進路を考えた時に、やりがいがあるものをやりたいなと思い選びました。ー東京音楽コンクールに応募したきっかけを教えてください。 アフターケアが充実しているということを、たくさん聞いていて、それが大きいですね。昨年は入選でしたが、聴衆賞を頂いたのが嬉しくて、もう一度受けるきっかけになりました。ー東京文化会館の印象はいかがですか。 デビューは「藝大メサイア」でした。小澤征爾音楽塾にも参加しています。大ホールは素晴らしいですね。無駄な響きもないですし、かといって響かないわけでもないですし、本当に心地よく歌えます。小ホールは昨年のコンクールが初めてでした。ー憧れの演奏家を教えてください。 付いてきた師匠が憧れですね。小林一男先生、直野資先生、折江忠道先生、アルベルト・クピード先生。師匠に恵まれているとよく言われます。ー今後、どのような音楽家になりたいですか。 まずは聴いていて楽しい歌手になりたいです。そのために声にこだわって、大きな会場でもしっかり飛ぶようになることで、音楽性の幅も広がって、声の“すごさ”を出せると思います。岡 昭宏 おか あきひろ声楽部門優勝者 Akihiro Oka(バリトン)第12回東京音楽コンクール 優勝者コンサート

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です