音脈 Vol.38|東京文化会館公園情報 2010年4月~6月
10/24

東京文化会館50周年に向けて102010. Spring音脈 東京文化会館は、開都500年を記念して、1961(昭和36)年に開館しました。以来、国内外の著名なオーケストラ、アーティストなどによる数々の名演が繰り広げられ、多くのファンを魅了し続けてきました。 2011(平成23)年に開館50周年を迎えるにあたり、当館では、記念シンボルマーク(ロゴ)を制作しました。 東京文化会館のユニークな建築をシンボル化したデザインで、色は “音楽の殿堂 TOKYO BUNKA KAIKAN”にふさわしい落ち着いた金色。“東京文化会館の50周年”を様々な場面でアピールしてまいります。 また、2011(平成23)年には、これまでの歴史と伝統をふり返りつつ、価値を後世に発展的に継承していくことを念頭に、館を挙げた多彩な記念事業を展開する予定です。■50周年記念式典&オープニング・コンサート■50周年記念オペラ公演 黛敏郎「古事記」-神々の日々 舞台版日本初演【出演・スタッフ】 指揮:大友直人 演出:岩田達宗 管弦楽:東京都交響楽団 ほか日本の現代音楽界を牽引してきた作曲家の一人である黛敏郎の最後の大作「古事記」を日本で初めて本格上演します。■50周年記念ガラコンサート、オペラ、バレエによるガラを実施。ホールの機構を生かした、東京文化会館ならではの豪華ラインナップ。■プレミアムコンサート当館主催事業「プレミアムコンサート」シリーズの50周年特別版として、国内外の一流アーティストによる公演を予定。■東京音楽コンクール 入賞者ガラ・コンサートこれまでの入賞者によるソロ・リサイタルの他、アンサンブルなども予定。コンクール入賞を経て成長を遂げた若き精鋭たちの“今”を存分にお楽しみいただきます。■地域連携企画「みんなで祝おう!東京文化会館の50年」大小ホールのみならず、上野エリアを巻き込んで、文化会館の50周年を盛大に祝います。■主催者協力公演(50周年記念参加公演)(2011年1~12月実施)大小ホールご利用の主催者の協力を得て、貸館公演を「50周年記念参加公演」として告知し、東京文化会館の50周年に一層の彩りを添えていただきます。■50周年記念写真展「東京文化会館の建築と造形美術」「東京文化会館に舞い降りたスターたち」という2大テーマのもと、東京文化会館の50年を貴重な写真で振り返ります。■50周年記念誌「東京文化会館ものがたり」(仮題)の発行(2010年度末に出版・販売予定)■東京文化会館 全公演記録アーカイブス(2011年度運用開始予定)東京文化会館でこれまでに上演された全公演の概要をデータベース化し、ホームページ上で誰もが自由にアクセスし検索できるシステムを構築。記念事業一覧 (2011年11月実施予定)東京文化会館 開館50周年記念シンボルマーク(ロゴ)完成!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です